現地採用情報

ミャンマーの市場動向&求人について

目的地

アジア最後のフロンティア

近隣諸国より廉価な労働力や恵まれた地下資源、インド洋に面し、地政学的に優位なミャンマーは、経済の自由化と構造改革の推進によって急速に有望投資先へと変貌。インフラ整備のため、日本が官民あげて開発に乗り出しています。

ミャンマーの基本情報

人口:5,148万人(2015年5月29日発表、出所:ミャンマー入国管理・人口省暫定発表)
実質GDP成長率:6.3%(2016年推定値)
一人当たりの名目GDP:1,269ドル(2016年推定値)

日系企業進出状況:企業数 376社(ヤンゴン日本人商工会議所メンバー数、2018年5月末時点)

進出企業:住友商事、三菱商事、丸紅、クボタ、日産自動車、マツダ、三菱重工業、KDDI、イオンなど

在留邦人:2,608人(2017年10月1日現在)
出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」

情報: ミャンマー概況 – ジェトロ

日系企業進出数は増加の一途をたどる

2011年の民主化以来、ミャンマーに進出する日系企業は急速に増加の一途をたどっています。安価で勤勉な労働力、ASEANの自由化が加速する中で周辺国市場へのアクセスの良さが魅了となり、引き続き、進出企業は増加することが見込まれます。

ミャンマー進出の動向について

勤勉、低廉、かつ豊富な労働力を持つミャンマー。特に縫製業では中国やベトナムに次ぐ候補地の1つとして注目されいます。

中国の人件費高騰により生産拠点が中国から東南アジア各国に移動し始めています。特にミャンマーの縫製業従事者の1日当たりの給料は2ドル。これはタイの10分の1に相当し、企業にとって魅力の1つになっています。アパレルメーカーZARAやH&Mなど欧米企業をはじめ、日系企業も11社進出しています(2013年度12月時点)。

あと、小売業では、イオンがヤンゴンに2014年3月に駐在員事務所を設立、ダイソーもヤンゴンに進出しているほか、ローソンも進出を検討しています。

ミャンマーの求人について

まずは、ネットをフル活用して、ミャンマーに進出している企業の求人をチェックしてみましょう。例えば、以下のような求人があります。

KDDIミャンマー

上記の求人は、正社員 (現地法人採用)で、月収は1,500~3,000USD(経験能力に応じて優遇)、新卒可。求められる英語力については、TOEIC600点以上あるいは相当の会話力となっています。

ただ、ミャンマーの求人情報となると、どうしても情報が限れてくるので、海外駐在の案件を多く扱っている転職エージェントも活用して、求人の選択肢を増やすといいでしょう。

【参考】海外求人に強い転職エージェント

ミャンマー周辺国の情報こちらをチェックしてみてください。

タイ(バンコク)駐在の求人募集&転職エージェント情報

インド駐在員の求人動向&転職エージェント情報

-現地採用情報

更新日: 投稿日:2016年4月18日

関連記事

海外で働きたい女性

現地採用者の日本帰国後の転職について【海外在住中から考えておきたい】

現在、現地採用として海外で働いているのだけど、今の会社を辞めて日本に帰国しようかなと考えている。 海外で生活してみたけど、やっぱり日本の方が自分にはあっている 現地採用であまり待遇も良くなく、このまま …

駐在員の求人案件の探し方

タイ(バンコク)現地採用の求人募集&転職エージェント情報

日本人に人気の国であるタイ。タイには旅行だけでなく、海外移住や海外転職してくる人も増えています。そんなタイ(バンコク)で働いてみたい、生活してみたいという方もいるのではないでしょうか? そんな方に向け …

海外で働く方法

マレーシア(クアラルンプール)現地採用の求人募集&転職エージェント情報

マレーシア・クアラルンプールで働くといった場合、駐在員採用と現地採用の2パターンあります。ここでは、マレーシア(クアラルンプール)の現地法人と直接雇用契約を結ぶ現地採用について見ていきたいと思います。 …

海外で働く女性

ベトナム(ホーチミン・ハノイ)現地採用の求人募集&転職エージェント情報

中国の隣にあり、ネクストチャイナとして注目の国、ベトナム。これから経済発展が期待されるベトナムで、仕事をしてみたい、生活して見たいと考えている方もいるのではないでしょうか? そんな方に向けて、ここでは …

海外で働く

インドネシア(ジャカルタ)現地採用の求人募集&転職エージェント情報

世界第4位、約2億7000万人の人口をもつインドネシア。これから経済発展が進んでいくそんなインドネシアで仕事をしてみたい、生活して見たいと考えている方もいるのではないでしょうか? そんな方に向けて、こ …