海外就職・転職について

日本の仕事人生がつまらないから辞めて海外転職・就職する

海外で働く女性

日本で働いていて、仕事人生がつまらないと思うことはありませんか。「日本が衰退するのは当然」「日本の未来は明るくない」「日本を脱出したい」と考えている人も結構いるのではないでしょうか。

実際、「日本で働くのは辛い」「日本で働くのは疲れる」などと愚痴を吐きながら仕事をしている人も少なくないかと思います。

「そんな環境の日本でこの先やっていけるのだろうか?」「それならば海外に行った方がいいのでは?」そんな風に考えている方に向けての記事になります。

閉塞感漂う現在の日本

日本のバブルが弾けてからもう30年、この30年間、日本はほぼゼロ成長。しかし、この間も世界は成長しているので、実際は日本だけが取り残されていて、その分日本の地位が低下することに。

日本経済は、現在においても明るくなる兆しがありません。日本の主要産業は未だに、旧来型の製造業である、自動車産業やメーカーなどです。日本のITは世界的にみるとイマイチですし、新しい産業も生まれる兆しがありません。

このような社会では、会社も新しい付加価値を生み出すのが難しく、会社の儲けは拡大する方向にはなかなかいかないのが現実ではないでしょうか。

日本の経済や個々の企業が成長しなければ、当然個人の分前(給料)も増えることがありません。

そして、みんなの収入が増えないから、企業は安いものを売ります。企業が安いものを売っても利益は薄いので、従業員の給料も増えない。

こんなスパイラルに今の日本経済は陥っているのではないでしょうか。

日本的経営もそろそろ限界

日本が成長している段階であれば、終身雇用や年功序列など、日本的経営をする余裕もあって、それはそれでよかったかもしれませんが、もうすでにそんな時代ではなくなっています。日本の企業にそこまで負担する余力がもうないというのが正直なところではないでしょうか。

社内においても、派閥が幅を利かせたりして、自分の中の視点ばかりで外を向いて仕事をしていない人も結構いるのではないでしょうか。もうそんな仕事の仕方では通用しない世の中になっています。今や競争相手は、日本国内ではなく世界です。

こうやってやってきた結果を見てみてください。世界における日本の大企業の地位を。バブル時代の株式時価総額は、世界トップ10に日本の企業がいっぱい入っていましたが、今やトップ10どころかトップ20にも入ることができません。

日本の企業は完全に世界から遅れをとる時代になってしまいました。

日本企業も海外進出、グローバル展開する時代

ただ、日本の企業も日本国内だけではもう限界なのはわかっています。日本の人口は今後減少方向にあり、これでは日本のマーケットが大きくなることが見込まれません。

それを補いのは海外しかありません。ということで、日本の大企業をはじめとして、多くの企業が海外進出をしています。

特にお隣の国、中国には多くの企業が進出しています。中国でものを製造するだけでなく、拡大する巨大マーケットで日本の製品を売っていたりもします。例えば、ユニクロ、無印良品、ダイソー、資生堂などが挙げられます。

そして、この流れは今後さらに加速することが予想されます。

個人もグローバルな仕事にお金儲けのチャンスが

グローバル社会イメージ―パスポートと旅客機

世界経済、それを構成する企業が海外進出、グローバル展開をする中で、個人もそういった世界の合わせて生きていく必要がありますね。

お金が動くところ、お金が集まるところにお金儲けのチャンスがあると言えるのではないでしょうか。個人もお金の流れを敏感に見ていけば、そこにチャンスがあるかと思います。

日々の生活に追われて、物事をミクロの視点から見ることが多いかと思いますが、時には大きな視点、マクロの視点から世の中を見てみましょう。そうすると、何か見えてくるものがあるかもしれませんね。

国境が邪魔をしている間がチャンス

経済の面ではグローバル化が進んでいってますが、人はまだ完全にはついてきていないのが現状ではないでしょうか。

言語の壁があったり、文化や習慣の壁などがあり、なかなか慣れ親しんだ母国から離れて海外でという人はなかなかいないかと思います。

実はそんな状態がチャンスかもしれませんね。ハードルがあるから、その制約を飛び超えられる、物怖じしないしない人だけがグローバル時代の勝者になり得るのではないでしょうか。

二国にまたがればチャンスは広がる

自分の住んでいる都市だけで物事を考えるのと、東京と比べながら考えるのでは、考えられる可能性もスケールもまるで違います。

それと同様に、日本だけで考えるのと、他の国例えば中国とも考えてみるのでは、チャンスが明らかに違うでしょう。

日本の感覚で見てみると、中国のこんなところを改善したらいいのでは。そこで日本の優れた技術力を活かす。

もしくは、中国のいいものを日本にも取り入れてみるのもありですよね。例えば、日本で最近使われているpaypayなどのQR決済ですが、これは中国から来たテクノロジーです。中国では日本に来る5年以上も前から日常で使われていたりします。

お互いの国のいいところを生かして、より良い社会を作っていく。そんな経済ができたらいいですよね。

個人でも海外転職・就職ができる時代

海外で働く

今は、ITの発展により、個人であっても情報が取りやすい時代になっています。そして、海外転職・就職においても、以前より身近なハードルが下がってきているのではないでしょうか。

海外転職・就職を目指す人であれば、転職エージェントを利用して、海外求人を紹介してもらえたりします。ネットをうまく利用して、情報収集できる世の中です。使えるものはうまく使って、自己実現していきましょう。

ちなみに海外転職の経験がある私が使っていたのは転職エージェントになります。

こちらの転職エージェントなら、グローバル企業との深いコネクションがあり、海外求人においても強いです。

さいごに

海外転職・就職を考えている方は、まずは情報収集から始めてみることをおすすめします。そこで、自分に合ったいい会社が見つかったら、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

まずは小さいな一歩でもいいですから、前に進んでみましょう。そしたら、また違った世界が見えてくるのではないでしょうか。

-海外就職・転職について

更新日: 投稿日:2022年2月2日

関連記事

海外で働く女性

あなたが海外で働きたい理由は?海外でどんな仕事・生活を実現したい?

海外で働きたい、生活したいと考えている人はそれぞれ理由があって海外を目指しているかと思いますが、そもそも「なぜ海外で働いてみたい?」と考えているのですか? このことは大事なことになるので、原点に戻って …

海外で働く

海外で働きたい方へ!日本人向け仕事・求人の探し方、海外で働くメリット・デメリットを解説

海外で働いてみたい!グローバルな世界で仕事がしたい!といった日本人も最近増えてきています。その一方で、海外で働く、海外転職には、まだまだハードルを感じる人もいるのではないでしょうか。 それでは「日本人 …

バンコク

タイで働くには?日本人向けの仕事・求人の探し方、メリット・デメリット等を紹介

海外で働くことを考えた場合、選択肢として考えられるのは「アジア」になります。その中でもタイには多くの日本企業が進出し、日本人でも働くチャンスが多い国となっています。 ただ、その一方で、「タイで働いてみ …

海外で働く

海外勤務できる企業、職種は?海外で働くチャンスが多いのはどこ?

海外勤務を目指すのであれば、当然ながら海外勤務できる企業、職種にアプローチする必要がありますね。 それでは「どのようなところに海外勤務のチャンスがあるの?」「海外勤務が多い企業、職種は?」「日本人が海 …

海外で働く方法

20代が海外で働くにはどうすればいい?海外転職するために必要な準備は?

「海外転職を考えているのだけど、20代でスキルや経験の面でまだまだ自信がない…」「わたしのような普通のサラリーマンでも海外で働くことができるだろうか?」「日本の会社を辞めて、海外で何ができるだろうか? …