海外赴任・生活の準備

日本にいる間に作っておきたい!海外赴任する方におすすめのクレジットカード3選

ビジネスウーマン

海外赴任になったら、せっかくなので赴任する国やその周辺を旅行して、現地の文化に触れたいですね。海外志向の方はそんなアクティブな方も結構いるかと思います。

海外赴任のこういったシーンに合わせて、クレジットカードをうまく有効活用すれば、より良い海外生活が送れるかもしれませんね。

そこでここでは、海外赴任する方におすすめのクレジットカードを見ていきたいと思います。

海外赴任する方におすすめのクレジットカードは?

海外赴任した私がおすすめするクレジットカードは以下の3つになります。

まずは、海外赴任する全てのおすすめなのが、為替レート(事務処理手数料)が他のカードより割安な「楽天カード」。そして、海外空港ラウンジを無料利用できるプライオリティパスが付いてくる「楽天プレミアムカード」。あと、JALのマイレージが効率よく貯めれる「JALカード」がおすすめになります。

それでは以下で詳しく見ていきたいと思います。

為替レートの良いクレジットカードを利用しよう

クレジットカードを選ぶとき、クレジットカードの知名度や会員特典などに目が行きがちですが、海外でクレジットカードを利用するとなると、為替手数料が割安なクレジットカードが一番お得になります。

以下では、為替手数料に着目し、海外でお得に使えるクレジットカードを紹介します。

為替レートがお得&年会費無料「楽天カード」

楽天カード

為替手数料(事務処理手数料)で見たときに優秀なのが「楽天カード」になります。

他のクレジットカードではVisa、Mastercard、アメリカンエクスプレス共に2.0%の為替手数料が掛かるのが一般的ですが、楽天カードの為替手数料は、Visa、Mastercardで1.63%、JCBで1.6%。他のクレジットカード会社より為替手数料がお得です。

これは、海外で利用する際の最大のメリットかもしれませんね。あと、楽天カードの還元率は1%、ポイントで還元されます。なお、このポイントは、クレジットカードの支払いにも利用できますよ。

そのほか、日本を出国する以前に旅行代金を楽天カードで支払っていたら、海外旅行傷害保険も付いてきます。

楽天カードなら年会費無料。これから海外赴任される全ての方におすすめできるカードになっています。

カード名称楽天カード
国際ブランドVISA, Mastercard, AMEX, JCB
年会費永年無料
為替手数料Visa, Mastercard:1.63%、JCB:1.6%、American Express:2.0%
特徴・年会費は永年無料
・ポイント還元は1%とお得
・海外旅行傷害保険(利用付帯)

為替レートがお得&海外空港ラウンジが利用できる「楽天プレミアムカード」

楽天プレミアムカード

飛行機に頻繁に乗る方は、海外空港ラウンジを無料利用できる「プライオリティパス」が付いてくる「楽天プレミアムカード」も利用価値大です。

【プライオリティパスとは】
ご利用の航空会社や搭乗クラスに関わらず、いつも最高のラウンジクラスを体験いただける会員制サービスです。

空港ラウンジ内では、無料のお飲み物や軽食をご用意しております。また多くの空港ラウンジでは、無料Wi-Fiインターネット接続サービスや電子機器の充電設備をご利用いただけます。シャワールームや会議室が併設されている空港ラウンジもございます。

楽天ブラックカード・楽天プレミアムカード会員様は、プライオリティ・パスの提供プランの中でもランクの高い、プレステージ会員同等のサービスが受けられます。ちなみに、プライオリティパス プレステージ会員の正規の年会費は399ドル、日本円で4万円強になります。

情報:プライオリティ・パス|楽天カード

プライオリティパス

楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込)で、世界148カ国、600を超える都市にある1,300カ所以上の空港ラウンジが回数制限なしで利用できる「プライオリティパス」がついてきます。(正しくは、楽天プレミアムカード申込み後、別途無料申込をします)

飛行機に頻繁に乗る方なら、かなりお得感がありますね(プライオリティパスの分だけで元が取れます)。また、カード還元率は1%、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険も付帯してして、なかなか使えるカードになっています。

カード名称楽天プレミアムカード
国際ブランドVISA, Mastercard, AMEX, JCB
年会費11,000円(税込)
為替手数料Visa, Mastercard:1.63%、JCB:1.6%、American Express:2.0%
特徴・プライオリティ・パス無料
・主要国内空港ラウンジ無料
・海外旅行傷害保険(自動付帯)

航空会社のマイレージを効率よく貯めたい

JALをよく利用する方におすすめ「JALカード」

JALカード

まずはマイレージカード。海外赴任となると飛行機に乗る機会が多くなるかと思います。日本に一時帰国するのは、やはり安心安全のJALがいい。そんな方も結構いるのではないでしょうか。JALだとフライトの時間も結構良かったりしますよね。

そんなJAL派の方は、ぜひJALカードも活用してJALのマイレージを海外赴任の間に貯めておきたいですね。赴任先にもよりますが、アメリカやヨーロッパのような、長距離フライトであれば、結構マイルが貯まってJALのエリート会員にもなりやすいです。

ためたマイルでこんな特典に交換できます

JALカードの特典

JALグループ国内線特典航空券であれば、片道6,000マイル 往復12,000マイルからで交換できます。あと、行き先はおまかせでどこに行くかは運任せになりますが、「どこかにマイル」であれば、通常の半分以下のマイル(往復6,000マイル)で国内線往復航空券と交換できます。

海外は、片道7,500マイル 往復15,000マイルから交換できます。その他に、JAL国際線アップグレード特典などの特典とも交換できます。

JALカード限定ボーナスマイル

JALカード限定ボーナスマイル

JALカードに入会後、JMBマイル積算対象運賃でJALグループ便に搭乗の方へ、通常のフライトマイルに加えて、入会搭乗ボーナスや毎年初回搭乗ボーナス、搭乗ごとのボーナスなどボーナスマイルをプレゼント。家族会員の方も対象になります。

海外旅行保険などの保険も自動付帯

JALカードには、カードの種類に応じて傷害死亡や疾病治療費用、携行品損害などを補償する旅行保険が付帯しています。

旅行のたびの面倒な加入手続きは不要。旅行回数や利用航空会社を問わず、カードで航空券を購入されなくても適用になります。また、海外旅行中の病気やケガなどのトラブルも24時間日本語で相談できるサービスもあるので安心です。

カード名称JALカード
国際ブランドVISA, Mastercard, AMEX, JCB
年会費普通カード:2,200円、CLUB-Aカード:11,000円、CLUB-Aゴールドカード:17,600円、プラチナ:34,100円
為替手数料JCB:1.6%、Visa, Mastercard, American Express:2.0%
特徴・ボーナスマイル等ありJALマイレージを効率よく貯められる
・海外旅行傷害保険(自動付帯)

海外赴任前のクレジットカードに関する手続き

利用明細をウェブ明細に変更しておこう

クレジットカード会社からの郵送物は基本、日本国内の住所に送られます。海外赴任される方は、利用明細をウェブ明細に変更しておきましょう。

カードの住所変更について

何か問題があった際に銀行やクレジットカード会社と連絡がつくよう、住所や電話番号を変更しておきましょう。なお、連絡先が日本国内の住所しか設定できない場合は、日本国内の妻子の住所や実家などに変更しておくといいかと思います。

有効期限に注意

海外赴任前には、必ずクレジットカードの有効期限を確認しておきましょう。有効期限があまり残っておらず、赴任中に期限がくるような場合は、カード会社に相談すれば、早めに新しいカードを発行してくれるでしょう。

引き落とし口座もチェックしよう

銀行口座についてはネットバンキングで管理できます。カードの引き落とし口座が残高不足にならないように定期的に残高に注意を払っておきましょう。

さいごに

上記では海外赴任におすすめのクレジットカードを3つ紹介しましたが、それぞれのスタイルに合わせて、自分にあったクレジットカードを選んでいけばいいかと思います。

なお、日本のクレジットカードは日本の連絡先住所に送られるのが基本になります。日本にいる間にクレジットカードは作っておきましょう。

今回紹介した「海外赴任におすすめのクレジットカード」はこちらになります。

海外に行ってからもし何かあったら心配なので、カードは複数枚持っておくのがいいかと思います。そうすれば、もし何かあっても他のカードが残っているので安心ですね。

-海外赴任・生活の準備

更新日: 投稿日:2022年1月18日

関連記事

駐在員の求人案件の探し方

海外赴任の際、携帯電話はどうする?維持する解約するそれとも?

海外赴任が決まり、海外での新しい生活に向けて準備しているとき、今、日本で使っている携帯電話をどうするかという問題が出てきます。 無駄に月々の基本使用料を払うのはもったいないですよね。一方で、日本に一時 …

海外赴任の準備

海外赴任の際、日本から持参したい持ち物は?

赴任先の国や都市の発展度にもよりますが、ある程度のモノは、現地でも手に入れることができます。しかし、一部のモノについては、海外ではなかなか買えるところがない、もしくは、海外で買うと日本よりも高額になる …

外貨両替について

外貨両替はどうする?海外赴任の際のお金の持っていき方について【為替手数料に注意】

海外で働く、生活をするといった場合、現地通貨へ両替する必要が出てきます。例えば数年間、現地海外で生活する場合、両替する金額も相当な金額になるでしょう。 その際、重要になってくるのが、両替レート、両替手 …

海外勤務の仕事について

【海外赴任】日本を離れる際の公的機関手続きについて

実際に海外就職が決まって、日本を離れるとき、住民税、健康保険、年金などの公的手続きを行う必要が出てきます。 このページの目次1 住民票2 住民税3 国民年金4 国民健康保険5 在留届6 国際運転免許証 …

海外赴任の準備

海外赴任に帯同する妻が退職。失業保険を受け取る方法は?

夫の海外赴任により、妻が現在の会社を退職することに。そんな際、妻は雇用保険(失業保険)をもらえるの? 通常の場合だと、失業保険は仕事を辞めてから仕事を探している状態なら、待期期間(3か月)が終わった後 …