海外就職・転職について 現地採用情報

海外就職(現地採用)はやめとけ後悔するという話があるけど実際はどうなの?

海外で働く方法

海外就職、現地採用についてインターネットで検索してみると「やめとけ」「悲惨」「後悔」など、ネガティブワードが並んでいますが、実際はどうなのでしょうか?

これは、どんな経験でも人によって捉え方、感じ方は違います。ポジティブに物事を考えられる人、ネガティブ思考な人など、人はそれぞれいます。

一概にこれはいい、悪いとは言えないですが、少なくともポジティブ思考の人であれば、現地採用が良い経験になって、自分自身他の人が日本にいてはなかなかできない貴重な経験をすることができるかと思います。

そもそも、ネガティブ思考の人には、日本と環境の違いを受け入れにくいところがあり、海外はあまり向いていないように思います。

ここでは、現地採用も悪い事ばかりではないですよというところをお伝えしたいと思います。

現地採用でも日本人は日本人

現地採用というと、駐在員より待遇が悪い、給料がとても安いという情報がどうしても目に付きます。確かに日本の本社から派遣されている駐在員に比べると、待遇の格差は実感せざるをえません。
 
しかし、よく考えてみてください。駐在員の方は自ら望んで海外に来たのでしょうか?答えは結構NOだったりします。

給料が安いといっても、日本の新卒と同じか、それ以上です。そのお給料で、例えば物価が非常に安い東南アジアで働いていれば、それなりの生活ができます。

自分の家にマッサージ師を呼んで1時間マッサージしてもらっても1000円程度だったりしますし、メイドさんを雇って家の掃除をお願いすることも可能だったりします。
 
また、日系企業のお客様を担当することが多いですが、日本であれば会うことのできない役員クラスの方と直接取引をしたりすることも珍しくないのです。

つまりは日本人というブランドを信用してくれているわけですので、日本人である時点で、海外就職はとても魅力あるものになるのです。

日本では築けない人脈がある

日本ではあまり社交パーティーなどがないかもしれませんが、日系企業が一堂に会するコンベンションセンターでの展示会や、ワークセミナーの後には、だいたい立食パーティーが企画されています。
 
海外だからこそ、日本人同士の結束というものは強く、日本人会や商工会などで横のつながりが広がるものです。ですので、異業種の方との交流も、日本にいる時より格段に増えます。
 
つまり、将来のお客様となる方々と出会うビジネスチャンスがたくさん得られるのです。そうした人脈を活用して、営業をかけることもありますし、人づてに仕事を依頼されることもあります。

海外で働いていると、肩書きなどよりも「どこで何の仕事をしているか」が重要になりますので、役員クラスの方から直々に仕事を頂けるという貴重な体験もできるのが最大の魅力ではないでしょうか。

日本にいたら、こんなことは10年先だろうなということが、どんどん経験できるのが魅力の1つです。

現地採用でうまく行かないのはこんな人

では次は、海外就職(現地採用)でうまく行かない人の特徴を見ていきたいと思います。

現地採用でうまく行かない人の特徴は、他の人と比較してしまう人です。こういう人は、日本でうまくいっているレールに乗っている人と比較をしたり、海外では駐在員と比較したりするかと思います。

そもそも、自分らしい生き方をしていて、自分が充実していたら、他の人と比較する必要はないかと思います。

常に周りの意見や価値観などに振り回されていて、自分自身を持っていない人はそもそも海外に行ってもうまく行かないと思いますよ。

海外に出ていくのであれば、自分の人生は自分で決める。自分の道は自分で切り開く。そんな気概が必要かと思います。

現地採用で後悔しないためには

ビジネスマン

海外就職(現地採用)にもメリット、デメリットがもちろんあります。そのメリット、デメリットを把握した上で、それでも海外がいいのか。それなら日本の方がいいのか。考えて見てください。

海外に出ることだけを目標にしない!

必ずしも海外に出て働くということが、プラスに働くとは限りませんが、海外就職、現地採用となって後悔しないためには、「とにかく海外に行く」という漠然とした目的ではなく、海外で就労したとして、自分はそこで何を身につけたいのか、10年後どうなりたいのか、帰国するのかしないのかというライフプランも設計した上で行くべきです。

日本から脱出したいというネガティブな思いより、海外で働くことで得られるものの多さを考えましょう。

さいごに

海外を目指すのであれば、日本的思考でなく、よりオープンにいろんなものを受け入れられる自分になる必要がありますね。

「前向きに考えられる人」「行動力があり、野心がある人」「違いを受け入れられる、尊重できる人」こういった人が海外でうまくいく人になります。

こういった人なら、逆に日本にいる時よりより自由に自分らしい生活を実現できるのではないでしょうか。そういう人なら海外の方が居心地が良くて、日本に戻って会社員をできなくなっちゃうかもです。

-海外就職・転職について, 現地採用情報

更新日: 投稿日:2022年2月8日

関連記事

海外で働く

海外勤務できる企業、職種は?チャンスが多い国はどこ?

海外勤務を目指すのであれば、海外勤務できる企業、職種にアプローチする必要がありますね。それでは、「どのようなところに海外勤務のチャンスがあるの?」「海外勤務が多い企業、職種は?」 ここではそんな疑問に …

ビジネスマン

海外転職を目指す方におすすめの転職サイト・エージェント5選

「海外で働いてみたい」「海外でグローバルな仕事がしたい」のだけど、海外転職におすすめの転職サイト・エージェントを教えてほしい。そんな方に向けての記事になります。 最近では、日本企業の海外進出が進んでお …

海外で働く方法

20代が海外で働くにはどうすればいい?20代が海外転職するために必要な準備は?

「海外転職を考えているのだけど、20代でスキルや経験の面でまだまだ自信がない…」「わたしのような普通のサラリーマンでも海外で働くことができるだろうか?」「日本の会社を辞めて、海外で何ができるだろうか? …

shanghai

中国で働くには?日本人向けの仕事・求人の探し方、中国転職のメリット等を紹介

海外で働くといった選択肢を見た場合、一番チャンスが多いのが中国になります。実際、日本から飛び出して、新たな働く環境として「中国」を選ぶ人も増えています。 その一方で、「中国で働いてみたいけれど、具体的 …

海外で働く女性

日本の仕事人生がつまらないから辞めて海外転職・就職する

日本で働いていて、仕事人生がつまらないと思うことはありませんか。「日本が衰退するのは当然」「日本の未来は明るくない」「日本を脱出したい」と考えている人も結構いるのではないでしょうか。 実際、「日本で働 …