海外就職・転職について 海外駐在の求人・転職情報

IT関連(ITエンジニア、SEなど)の仕事にも海外で働くチャンスあり

駐在員の求人案件の探し方

「IT関係の仕事で海外で働くチャンスは?」「どのような仕事で海外で働くチャンスがあるの?どのような求人があるの?」「海外勤務の仕事をどのように探したいいの?」などと考えている方もいるのではないでしょうか?ここではそんな方に向けて、このような疑問に答えていきたいと思います。

IT関連(ITエンジニア、SEなど)の仕事にも海外で働くチャンスあります

日系企業の海外進出に伴い、必要となるのが現地法人のIT化です。しかし、海外に進出しているIT以外の業種では、ITにそれほど明るくないことが多いです。そこで日本のIT会社、システム会社が海外拠点を構え、現地海外のITサポートなどの仕事をしています。

そこで必要とされる人材は、主に、システムエンジニア(SE)、プロジェクトをディレクションするプロジェクトマネージャ(PM)、そして、システム化を戦略立案するITコンサルタント、セールスエンジニアといったあたりになります。

次に海外で需要のあるIT関連の仕事について以下で見ていきたいと思います。

現地法人へのシステム導入

現地法人のシステム化として必要となってくるのが、基幹システムの構築・導入です。具体的には、財務会計、決算管理、在庫・購買管理、物流、人事管理などのシステムです。代表的な例としては、SAPやオラクルのERP導入などがこれに当たります。

各企業の要件、各国対応などカスタマイズしたシステムを構築する必要があります。そして、導入後のトレーニングも行う必要も出てきます。

現地法人のネットワーク構築・ITサポートの仕事

海外に進出している日系企業であと必要となってくるのが、社内ネットワークシステムの構築や保守、IT関連で困ったときのサポートです。

海外拠点では、日本人は少数精鋭、あとは現地スタッフ。社内SEを置く余裕もないといったところが多いです。そのような日系企業に対して、社内インフラの整備、IT全般のサポートを行う仕事があります。

中国・オフショア開発拠点のマネージメント

近年、日本でシステム戦略・立案、要件定義、基本・詳細設計までをまとめて、あとは、主に中国のオフショア拠点で開発(プログラミング〜テスト)を行うIT企業が多いです。

例えば、中国・大連には、ソフトウェアパークとうIT関係を中心にした工業地域があり、こういったところを拠点として、オフショア開発が行われています。

ここでの開発部隊は主に現地スタッフですが、このプロジェクトをマネジメントしたり、日本側とやりとり人材が必要となってきます。

この仕事をブリッジSEなどが担います。ブリッジSEは、現地のエンジニアとのコミュニケーション、要件定義、設計、開発、運用、テスト、ドキュメントの作成と翻訳、ソースコードレビュー、タスク及びイシュー管理、その他、プロダクトマネジメント全般を担当します。

海外売上比率が高い会社に海外勤務のチャンスあり

日本でのIT市場の成長が鈍化していく中、日系IT企業も海外進出しています。こう言った海外に拠点を持つ会社であれば、海外勤務のチャンスもあります。

そういった会社を探すには、企業のホームページをチェックし、その会社の支店、拠点一覧をチェックしてみる。さらに、上場企業であれば、財務、決算情報も公開されているので、そこで海外売上比率をチェックしてみましょう。

海外売上比率が高ければ、それだけ海外事業に力を入れていて、海外勤務のチャンスが高くなりますね。例えば、以下のようなIT企業が海外売上比率が高くなっています。

  • 富士通
  • NTTデータ
  • NEC
  • 日立製作所

例えば、富士通グループで見てみると、コロナ前の2019年度の海外売上比率は36.3%、コロナ禍の2021年度の海外売上比率は32.7%となっています。

このように日本のIT企業でも意外と海外売上があることがわかります。なお、上記の企業はほんの一例で、他にも海外に拠点を持つIT企業は結構あります。

海外勤務の仕事を探すには

海外で働くビジネスマン

海外で仕事をしてみたい方は、まずは、インターネットを使って情報収集してみるところからはじめてみましょう。「リクナビNEXT」と言った転職サイトでも若干ですが、海外勤務の求人があったりするので、どのような募集があるか見てみるのもいいでしょう。

ただ、それだけではなかなか自分が希望する海外求人が見つけられないかもしれません。そんな際は、転職エージェントも活用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、自分では見つけることができない非公開求人など、多くの海外求人を持っているので、そういった求人を紹介してもらうといいでしょう。

ちなみに、わたしが海外転職の際利用していたのは以下の転職エージェントになります。

こちらの転職エージェントなら、グローバル企業との深いコネクションがあり、海外求人においても強いです。まだ利用していない方は、無料で利用できるので活用してみてください。

海外勤務の求人例

海外勤務の求人としては以下のようなポジションがあります。下記の求人は、日本で研修後、海外勤務となりますので、いきなり海外でという場合より、会社の状況などを把握した状態で派遣されるので、スムーズに仕事に入れそうですね。

【募集ポジション】
ITエンジニア

【仕事内容】
入社後3か月程度日本で研修後、香港に赴任致します。
本社並びに海外拠点に展開する標準システム(※)の開発及び支援をお任せします。

具体的には…
・DB設計及び機能設計
・仕様書作成
・ソフトウェアベンダー管理等の導入と運用支援
・海外拠点個別開発案件対応 (要件分析、導入支援、開発工数・費用見積り、進捗管理)

尚、要件分析並びに導入支援では日本、海外に展開する各拠点へ出張し現地での打合せ及びサポートを行います。

※システム:受発注在庫管理、生産・品質管理、財務会計、連結会計、管理会計等

【給与】
日本勤務時想定年収(額面):510万~900万円
海外勤務時想定年収(額面):750~1,450万円

海外勤務者に対しては、基本給のほかに、各種の手当を支給されます。各種手当は、「海外勤務手当」「ハードシップ手当」「単身赴任手当」「住宅手当」などがあります。これらの各種手当を含めると、海外勤務時の年収は、日本勤務時と比べて、約1.5倍になります。これはうれしいメリットですね。

必要となるスキル・経験について

海外勤務の仕事について

スキルや経験はあるに越したことはないですが、ここではその中でも重要と思われるものとピックアップしていきたいと思います。

技術力

IT業界で働くとなると、必要となってくるのが技術力です。エンジニアにとって必須ですね。

なお、海外の場合、どちらかというと、幅広さよりは専門知識が求められます。たとえば、「ネットワークに関しては誰にも負けない」とか、「データーベースに関しては一通りできる」といった人のほうが就職しやすくなります。

コミュニケーション能力

意外と見落とされがちですが、コミュニケーション能力も大切なスキルのひとつです。社内で、一緒に働いている人と十分なコミュニケーションがとれないと問題が起きたときに大きくなりがちです。お客様がいる仕事であればなおさら意思疎通を図る力が求められるでしょう。

特に海外では、日本人だけでなく、ほかの国の人ともやりとりが出てくるので、このコミュニケーション能力もかなり重要となってきます。

業界知識

例えば、基幹システムの構築・導入といった場合、お客様の業務にも精通している必要があります。なぜなら、システム導入によって、お客さまの抱えている問題を解決するからです。そうなると業界知識も必要となります。

技術力に加え、業界知識も持ち合わせていたら、海外転職のチャンスも広がるでしょう。

英語力

あと、海外で働くとなると、それなりの英語力が必要となってきます。必要となるのは、ビジネスシーンで使える英語力です。TOEICのスコアも大事ですが、それ以上に、実際に英語を使って、仕事のやり取りができることが求められます。

さいごに

ITエンジニアやSE(システムエンジニア)など、IT人材は主に理系出身の人が多く、その中で英語が得意な人となると限定されてきます。

IT需要は海外でもあり、IT技術者はスキルを持っているのでビザの取りやすいです。IT×英語を活かして、海外で働いてみるのもいいかもしれませんね。

-海外就職・転職について, 海外駐在の求人・転職情報

更新日: 投稿日:2015年3月18日

関連記事

海外で働く

海外勤務できる企業、職種は?チャンスが多い国はどこ?

海外勤務を目指すのであれば、海外勤務できる企業、職種にアプローチする必要がありますね。それでは、「どのようなところに海外勤務のチャンスがあるの?」「海外勤務が多い企業、職種は?」 ここではそんな疑問に …

ビジネスマン

海外転職を目指す方におすすめの転職サイト・エージェント5選

「海外で働いてみたい」「海外でグローバルな仕事がしたい」のだけど、海外転職におすすめの転職サイト・エージェントを教えてほしい。そんな方に向けての記事になります。 最近では、日本企業の海外進出が進んでお …

海外で働く方法

20代が海外で働くにはどうすればいい?20代が海外転職するために必要な準備は?

「海外転職を考えているのだけど、20代でスキルや経験の面でまだまだ自信がない…」「わたしのような普通のサラリーマンでも海外で働くことができるだろうか?」「日本の会社を辞めて、海外で何ができるだろうか? …

海外で働くビジネスマン

駐在員として海外で働くには?待遇・給与やメリット・デメリット等も紹介

海外で働く日本人は、大きく分けて「駐在員」と「現地採用」の2つに分かれます。ここでは、「駐在員」についピックアップして見ていきたいと思います。 駐在員の待遇・給与はどうなの?メリット・デメリットは?駐 …

shanghai

中国で働くには?日本人向けの仕事・求人の探し方、中国転職のメリット等を紹介

海外で働くといった選択肢を見た場合、一番チャンスが多いのが中国になります。実際、日本から飛び出して、新たな働く環境として「中国」を選ぶ人も増えています。 その一方で、「中国で働いてみたいけれど、具体的 …