現地採用情報

シンガポールの現地採用情報について

海外で働く

求人募集について

シンガポールには多くの日系企業があり、その業種も製造業、商社、金融、IT、物流、サービス業など多岐に及んでいます。これらの日系企業の多くが現地採用として日本人の募集をしており、様々な職種の求人があります。

傾向としては、専門的な能力、知識のある技術者(電子/電気/プラスチック成型・金型、IT等)、メーカーや専門商社での営業、営業事務の求人が多くなっています。

東南アジア地域を管轄する企業が多いシンガポールにおいては、国内だけに留まらず、アジア地域全体に関わる仕事が経験できます。また、管轄地域内の関連会社・顧客とのやりとりが生じるため、英語力が堪能であることに加え、各地域のビジネス慣習を踏まえた対応が求められます。

オペレーションの現地化が進む中、ローカルの求職者や既に現地で就労経験のある日本人求職者中で勝ち抜くためにも、これまで以上に応募するポジションに関連する実務経験・知識が必要とされています。

実務経験について

メーカー、専門商社、ロジスティクス営業、営業事務、カスタマーサービスなどの経験があると有利。ITなど技術関連の職種や、メーカーの技術者においても実務経験を問われる。アシスタント職の場合、基本的なPC操作(Word、Excel、PowerPoint)は必須。

求められる語学力は?

いかに実践の場で使える英語力を身に付けることができるかがポイントになります。目安としては、TOEICスコアで最低700点程度です。

現地採用の給与について

職種 平均給与
営業 S$ 3,800~
事務系 S$ 3,500~
カスタマーサービス S$ 3,200~
技術者 S$ 3,800~
管理職 S$ 5,000~

情報:パソナグローバル シンガポール現地情報

ボーナスについて

年1~2回支給。(業種や企業/個人の業績により異なる)

手当について

基本的に交通費、住宅手当、健康保険などの各種手当は、企業により異なるため、企業毎に確認が必要。

現地採用の求人を探す

現地採用の求人については、転職エージェントに紹介してもらうのが一般的となっています。

あと、転職サイトの「リクナビネクスト」にも、数は限られてきますが海外勤務の求人があったりするので、あわせてチェックしてみるのもいいでしょう。

【参考サイト】 リクナビネクスト

現地採用の求人を扱う転職エージェント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

日本国内で求人を探すという方は、JAC Recruitmentをチェックしてみるといいでしょう。JAC Recruitmentでは、海外進出企業の駐在案件から、海外法人の現地採用まで、アジアを中心に海外求人の紹介とサポートには豊富な実績があり、海外転職に強み。また、英文レジュメの無料添削や英語面接対策などのサービスも。

JACはシンガポールにも拠点を持っていて、拠点間で密に情報交換しているので、シンガポールの現地採用案件についていろいろと情報を持っています。

JAC Recruitment Singapore

JAC Recruitment Singapore

日本でもおなじみの転職エージェント「JAC Recruitment」のシンガポール現地法人。シンガポールで30年近く事業を行っているシンガポールで最も歴史のある日系エージェントの1社で、求人数も多い。シンガポール現地で求人を探すという方は、連絡しているといいでしょう。

Address: 1 Raffles Place Tower 1 #10-00 Singapore 048616
Web: http://www.jac-recruitment.sg/index-jp.html

RGF HR Agent

RGF HR Agent

RGF HR Agentは、日本の大型総合人材サービス/情報提供会社であるリクルートホールディングスの海外事業会社です。RGF HR Agentでは、求人の紹介から履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策まで、シンガポールでの転職活動をサポートしてくれます。

Address: 71 Robinson Road #05-04 Singapore 068895
Web: http://www.rgf-hragent.asia/singapore/

Pasona Singapore

Pasona Singapore

日本でも転職サービスを展開する「パソナ」のシンガポール現地法人。シンガポールに設立以来、30年以上の実績をもつ人材会社です。

Address: 1 FINLAYSON GREEN #09-02 SINGAPORE 049246
Web: http://www.pasona.com.sg/indexJpn.php

求められる人物像について

ほとんどの求人で即戦力が求められているため、応募するポジションに関連する実務経験・知識が必要とされているため 最低2~3年の関連経験があることが望ましいと言えます。

シンガポールでの就職活動で成功するタイプとは?

中国語、マレー語、英語などが常にオフィスを飛び交うシンガポールでは、お互いを尊重し合ってうまくやっていける方が向いていると思います。また、海外であるからこそ、日本独特の商習慣を知っていて、日本人としてのきちんとした対応ができる方を求めている企業が多いです。

就労ビザについて

シンガポールでのビザで、仕事に関するものは主に3種類です。

Employment pass(通称EP)、S Pass、DP(配偶者パス)の3つで、DPは就労ビザを持っている外国人の扶養家族に与えられ、EP所持者の配偶者飲みが就労できるものです。ですので、独身でシンガポールに渡る場合は、基本的にEPもしくはS Passを取得すると考えてください。

EPの発給要件は、基本月給が3,600S$以上で、原則としてシンガポール政府が認可した大学を卒業した人に与えられます。今までは3,300S$が最低限でしたが、最低額が引き上げられたことにより、今まで4,000S$で雇用されていた肩はそれ以上ないと取得できなくなっています。

S Passは中級レベルの労働者に与えられるもので、基本月給は2,200S$以上が原則です。このビザを取るためには、関連した実務経験が必要ですので、新卒者は難しく、20代後半から30代前半の方の転職の際に多く使われるビザです。

また、2017年の改定により、卒業大学だけでなく、就労年数やシンガポールでの就労経験など複数の条件を組み合わせて、取得可能かどうか判断されることになりました。

シンガポール人材省のサイトでは、自分でビザ取得要件を満たしているかのセルフチェックができますので、参考までに使用してみてください。
http://www.mom.gov.sg/eservices/services/employment-s-pass-self-assessment-tool

【関連記事】シンガポールの駐在情報については以下の記事をチェックしてください。

>> シンガポール駐在員の求人動向&転職エージェント情報

-現地採用情報

更新日: 投稿日:2016年3月18日

関連記事

目的地

ミャンマーの市場動向&求人について

アジア最後のフロンティア 近隣諸国より廉価な労働力や恵まれた地下資源、インド洋に面し、地政学的に優位なミャンマーは、経済の自由化と構造改革の推進によって急速に有望投資先へと変貌。インフラ整備のため、日 …

イオンモールプノンペン

カンボジアの市場動向&求人について

注目のカンボジア市場 多くの日系企業が進出しているタイとベトナムの間に位置し、なおかつ両国よりも人件費が安いため、「タイプラスワン」「ベトナムプラスワン」として労働集約的企業の進出が進んでいます。 ま …

海外で働きたい女性

海外求人を探す際にチェックしておきたいポイントとは?

就職活動をする際に、あなたはどのようなポイントをチェックしているでしょうか。日本で就職活動をする際、会社のデータは、就職四季報などに載っていますので、様々な情報を一度に見ることができます。 では、海外 …

海外で働く女性

メリットもデメリットも大公開、海外で現地採用として働いてわかったこと

海外で働きたい人の中には、もう既に現地採用という働き方について熱心に研究してらっしゃる方も多いでしょう。現地採用で働く日本人のブログなども増えてきましたので、インターネットを通じて生の声を聞けるのはと …

海外で働く

こんな募集には気をつけよう!海外就職で陥る罠

今では海外就職を目的としたセミナーや、合同説明会のイベントなども行われていますし、インターネットで「海外就職 採用」などと検索すれば、たくさんの求人に出会えます。 しかし、それらの全てが海外で働くこと …