海外就職・転職について 海外駐在の求人・転職情報

エンジニア(技術職)にも海外転職のチャンスあり

駐在員の求人案件の探し方

生産拠点が人件費の高い日本から中国、タイなどのアジアにシフトするなか、現地の工場など海外生産拠点に必要となってくるのがエンジニア職の人材です。

エンジニアの人材は、理系出身者が多く、英語が得意でない方も少なくありません。その分、エンジニアとしての経験があり、英語などの語学力、コミュニケーションスキルの高い方であれば、海外で働くチャンスもあるでしょう。

エンジニア(技術職)にはどのような求人募集が?

エンジニア(技術職)といっても幅広いですが、例えば、以下のような職種で求人の募集があります。

  • ITエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • サービスエンジニア
  • プラントエンジニア
  • 建設・土木系エンジニア
  • プロセスエンジニア(半導体)
  • 製造技術/生産技術(機械)
  • 製造技術/生産技術(電気)
  • 電子デバイス研究開発
  • 化学(研究・開発・分析)
  • 管理職(工場・技術マネジメント)

製造業の技術職では、新規設備導入・既存改良の際の技術指導、生産性向上のための工程改善・効率化推進といった生産管理・品質管理業務、現地エンジニアへの生産指導、工場・技術マネジメントあたりが担当業務になってきます(なお、求められる担当業務は、ポジションにより異なります)。

また、最近では、ITエンジニアの需要も結構あります。海外に進出している日系企業へのシステム導入や海外オフショア開発拠点のマネージメントなど、IT関連の仕事なら海外でも活躍するチャンスありです。

海外転職を目指すエンジニアの方へ

海外で働きたい!そんなエンジニアの方は、一歩ずつでもいいので具体的なアクションを起こしていきましょう。まずは、インターネットを使って情報収集をはじめましょう。

海外進出している日系企業のウェブサイトを隅々までチェックして、そこで海外駐在員の求人募集があったらアプローチする。また、転職サイトの「リクナビNEXT」にも、若干ですが海外駐在の案件が出ていたりするので、どのような募集があるかチェックしてみるのもいいでしょう。

あと、海外求人を探す際にも、国内同様、転職エージェントを利用するのが一般的になっています。転職エージェントでは、表には出てこない非公開求人も多く扱っているので、こういった自力では探す出すことができない求人を紹介してもらうといいでしょう。

海外求人を探すといった場合、どうしても国内転職より情報が限られてきます。自分で探すとともに、転職エージェントも活用して、なるべく多くの情報が入ってくるようにしましょう。

海外のエンジニア(技術職)求人を扱っている転職エージェント

下記の大手転職エージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので、あなたの条件に合った案件を色々と紹介してもらえますよ。

JAC Recruitment

JAC Recruitment

外資系や海外求人に強い転職エージェント。JAC Recruitmentは、世界10カ国(イギリス・シンガポール・中国・インド・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・香港・韓国)に拠点があり、グローバルな転職サポートが特徴です。

海外進出企業の駐在案件から海外法人の現地採用まで、アジアを中心に海外求人を扱っています。英文レジュメの無料添削や英語面接対策などのサービスも。

リクルートエージェント

リクルートエージェント グローバル

リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントなので、求人数が多く、海外駐在の求人も多数保有しています。まずはここを抑えておくといいでしょう。

なお、求人については、入社後、すぐに現地に赴任する形の案件もあれば、1年程度の国内勤務を経て赴任となる案件もあります。後者に関しては、実務経験が伴っていれば、海外経験はあまり問われないので、ハードルは低めです。

このように、リクルートエージェントなら、求人数が多い分、選択肢も広がるので、おすすめのエージェントです。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)海外勤務求人

管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトで、人気の求人やおすすめの求人を会員だけに公開。職務経歴書を登録しておくと、採用企業・ヘッドハンター双方からスカウトを受けることができます。会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも。

エンジニアの求人例(勤務地:海外)

【募集ポジション】システム構築・稼働支援担当(米国、東南アジア勤務)

【仕事内容】
いずれかの地域にエントリーすることが可能です。
[業務内容] 米国拠点や東南アジア拠点(タイ、インドネシア)の基幹システムの構築ならびに稼働支援に従事していただきます。
東南アジア拠点では技術基盤構築のポジションもございます。
※長期出張期間は6~18か月を想定しています。

大手リース会社の海外拠点の新規開設に伴う募集です。現地で常駐し、ITプロジェクトをサポートしていただきます。

■休日:完全週休二日制 年末年始

【募集ポジション】EV(電動バイク)の機械設計

【仕事内容】
インド(コカルタ)にて、EV2輪およびEV3輪のボディ・フレーム、及び、足まわりの機械設計を担当していただきます。また、インドの現地スタッフのマネジメントをしていただきながら開発を推進していただきます。

現在、電動バイクの商品企画~設計開発~解析業務等は現地スタッフが担当しておりますが、まだ全体的な仕組みや体制が確立されていない為、体制強化を目指し、ご自身のご経験とスキル・ノウハウを活かし、テラモーターズの高品質なモノ作りに貢献していただける方を求めております。

その他、現地スタッフのマネジメント等もご担当いただきますので、幅広いご経験が詰めるやりがいのあるポジションになっております。

組織構成:本ポジションは、現地で採用したインド人スタッフ計7名+日本人社員2名で構成されております。

なお、上記は転職エージェント経由の求人となっています。最新の求人については、転職エージェントに直接尋ねてみてください。

-海外就職・転職について, 海外駐在の求人・転職情報

更新日: 投稿日:2015年9月23日

関連記事

海外で働く

海外勤務できる企業、職種は?チャンスが多い国はどこ?

海外勤務を目指すのであれば、海外勤務できる企業、職種にアプローチする必要がありますね。それでは、「どのようなところに海外勤務のチャンスがあるの?」「海外勤務が多い企業、職種は?」 ここではそんな疑問に …

ビジネスマン

海外転職を目指す方におすすめの転職サイト・エージェント5選

「海外で働いてみたい」「海外でグローバルな仕事がしたい」のだけど、海外転職におすすめの転職サイト・エージェントを教えてほしい。そんな方に向けての記事になります。 最近では、日本企業の海外進出が進んでお …

海外で働く方法

20代が海外で働くにはどうすればいい?20代が海外転職するために必要な準備は?

「海外転職を考えているのだけど、20代でスキルや経験の面でまだまだ自信がない…」「わたしのような普通のサラリーマンでも海外で働くことができるだろうか?」「日本の会社を辞めて、海外で何ができるだろうか? …

海外で働くビジネスマン

駐在員として海外で働くには?待遇・給与やメリット・デメリット等も紹介

海外で働く日本人は、大きく分けて「駐在員」と「現地採用」の2つに分かれます。ここでは、「駐在員」についピックアップして見ていきたいと思います。 駐在員の待遇・給与はどうなの?メリット・デメリットは?駐 …

shanghai

中国で働くには?日本人向けの仕事・求人の探し方、中国転職のメリット等を紹介

海外で働くといった選択肢を見た場合、一番チャンスが多いのが中国になります。実際、日本から飛び出して、新たな働く環境として「中国」を選ぶ人も増えています。 その一方で、「中国で働いてみたいけれど、具体的 …