帰国後について

駐在妻・駐妻の日本帰国後のキャリアについて【再就職・仕事復帰】

海外赴任の準備

夫の海外駐在が終わり日本に帰国。そんな際、駐在妻にとって帰国後のキャリアは一番の悩みの種ではないでしょうか。

「数年のブランク期間ある駐在妻は転職に不利では?」「ブランクがあるのでちゃんと仕事をやっていけるか不安」と思っている人もいるのでは。

そこでここでは、駐在妻・駐妻の日本帰国後のキャリアについて見ていきたいと思います。

帰国後に再就職して仕事復帰を考えているが、日本の社会でやっていけるか不安

海外生活に慣れると、逆に日本の生活が不安になったりします。海外では、あまり周りの目を気にする必要もなく、自由にやってきたので、日本で社会復帰するとなると何だか気が重く感じる人もいるかも知れませんね。

特に、駐在妻の場合、海外ではビザの関係などもあって、専業主婦をしていて、数年のブランク期間もあったりします。そして、年齢的にもハードルを感じますね。

ただ、環境が変わったり、新しいことを始めるのは、駐在妻のあなただけでなく、誰もが不安に感じるもの。

環境が変わったり、新しいことを始めるのは誰しも不安を感じるもの。人は、いつもと同じ、慣れた環境が落ち着くし、居心地がいいと感じます。しかし、自分のコンフォートゾーンの中にずっと居てたら、自分の成長は止まってしまいます。それでいいのでしょうか?

日本に帰ったら、ビザの制約もなくなるので、仕事もすることができます。このタイミングで自分らしい生き方を探してみるのもいいのではないでしょうか。

それでも駐在妻・駐妻には高い潜在能力がある

駐妻/駐在妻の方は、夫同様、高学歴・ハイキャリアの方が多かったりします。夫の海外赴任のため、一旦キャリアを中断しましたが、そもそも普通の人よりポテンシャルがあったりする方も多いです。

学生時代やキャリアの初期を通じて獲得した「考える力」や「仕事を推進する力」「チームで働く力」は、多少の離職期間で衰えるものではありません。

そして海外で生活するとなると、それなりの語学力(英語力)も必要になってきますね。中には、海外在住中に英語の家庭教師などをつけて勉強している人もいるのではないでしょうか。そのような人は間違えなく日本で普通にサラリーマンをしている人より実際に使える英語を話せるかと思います。

さらには、海外で身につけた適応能力もあります。海外での生活は、日本でのなんでも揃った便利なものとは違います。生活環境、そこに住んでいる人、文化、考え方、行動、あらゆるものが日本と違ってきます。そんな中で、夫の海外赴任ということで、海外に飛び込み、生活を送る、それは必ずしも簡単なことではないのではないでしょうか。

そんな経験を備え持っている駐在妻・駐妻は、企業からしても魅力的に見えるのではないでしょうか。

こんな経験を活かして、海外とやりとりのある、貿易している会社で働いてみたり、もしくは外資系企業への転職も夢ではありませんね。

日本帰国後のキャリアを考える

海外で働きたい女性

それでは次は、日本帰国後のキャリアを考えていきたいと思います。日本帰国後のキャリアとしては、「以前働いていた会社に復職する」もしくは「心機一転、新しい仕事に就く」ことが考えられるかと思います。

以前働いていた会社に復職する

もし、以前働いていた会社の仕事が自分にあっていて、人間関係も良好なら、以前の会社に復帰するという手がありますね。

それであれば、会社の仕事内容や職場での人間関係などを把握していますし、変なデメリットがないかと思います。

ただ、以前と同じ仕事だと、新しいチャレンジがしにくい環境でもあります。自分の成長を考えるのであれば、新しい会社で働くのがいいかもしれませんね。

心機一転、新しい仕事を探す

日本で再スタートするのであれば、心機一転新しい仕事をチャレンジしたい!そんな方は、まずは、今からでもできることからやっていきましょう。

例えば、以下のことを再度考えてみましょう。自己分析や応募書類の作成などは、海外に居ようともできるかと思います。

  • 希望する業種、職種(その他勤務先に求める要素)を明確にする
  • 自分の強み(経験、スキル)を明確にする
  • 応募書類(履歴書、職務経歴書)を作成する
  • 希望の求人情報を収集する

転職活動は決して「企業に応募する」段階から始まるものではありません。事前準備をしっかり行っておくことでは、転職活動をスムーズに進めるための大きなポイントとなります。

再就職に向けて情報収集をはじめる

海外駐在の求人を探す

それでは、「海外からどのようなアプローチで帰国転職したらいいの?」という人や、「海外在住のため、求人情報や面接対策などさまざまな面で不利に感じている」と壁にぶち当たっている人もいるのではないでしょうか。

実際問題、自分一人で海外から日本国内の企業にアプローチするのは結構大変ですよね。ましてや、ブランクがあり、久々の仕事探しとなります。いろんな不安があって当然かと思います。

そんな際は、転職エージェントを利用してみましょう。転職エージェントを利用すれば、あなたにあった企業の紹介から、面接のアレンジなど、たとえ海外からでもできるところはどんどん進めることができます。

書類のチェック、応募理由の練り方、面接の練習などもサポートしてくれるので心強いかと思います。ちなみに以下の転職エージェントであれば、海外からでも登録可能となっています。

駐妻のみなさんにおすすめなのが、転職成功実績No.1の「リクルートエージェント」、帰国後はバリバリ働きたい、キャリア志向の方は、外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職に強い「JAC Recruitment」もおすすめです。

どちらの転職エージェントも無料で利用することができるので、帰国後の再就職を考え始めた時点からコンタクトしてみてください。

あなたを評価してくれる会社を選ぼう

会社にも色々あるかと思いますが、選ぶのであれば、あなたを評価してくれる会社を選ぶことが大切です。

日本の国内にしか目を向けられない視野の狭い会社や、時代の流れに合っていない会社を選ぶのはやめておいたほうがいいでしょう。こういった会社だと、海外を知っている分、余計に窮屈に思ってしますかと思いますし、あまりチャンスもないかと思います。

目指すのであれば、未来志向、オープン志向の会社です。そういった会社であれば、新しい考え方、生き方、今の言葉で言うと「多様性」を持っているかと思います。

そういう会社であれば、海外帰りの駐在妻・駐妻でもスムーズに入りやすいのではないでしょうか。ブランクというデメリットではなく、海外経験などプラスの面を評価してくれる、そんな社風のある会社の方が合っているかと思います。

さあ一歩を踏み出そう

いろいろ話してきましたが、何かを始める際、大事なのは行動力です。まずは、小さな一歩でもいいですから、前に進んでいきましょう。

一歩先に進めば、きっとまた新たな道が開けるかと思います。日本に帰るとなるとそれはそれで心配なこともあるかと思いますが、きっと大丈夫ですよ。頑張ってくださいね!応援しています!

-帰国後について

更新日: 投稿日:2022年2月11日

関連記事

海外勤務の仕事を探す

海外在住者が日本に帰国して転職するには?海外からでも利用できる転職エージェントは?

現在、駐在員や現地採用として海外で働いているのですが、そろそろ日本に帰国して、仕事をしようかと考えている。そんな方もいるのではないでしょうか。 しかし、日本にいない状態で、海外から日本での転職活動を進 …

海外で働きたい女性

海外から日本に帰国する際に仕事はどうする?【事前準備が大切】

長く海外で生活していると、周りの日本人が続々と帰国していくのを目にしますよね。そしていつかは自分も日本に帰るときが来るかと思います。 そんな際、考えておきたいのが仕事です。日本に帰国後、どんな仕事をし …

海外で働きたい女性

現地採用者の日本帰国後の転職について【海外在住中から考えておきたい】

現在、現地採用として海外で働いているのだけど、今の会社を辞めて日本に帰国しようかなと考えている。 海外で生活してみたけど、やっぱり日本の方が自分にはあっている 現地採用であまり待遇も良くなく、このまま …