現地採用情報

フィリピンの現地採用求人はどのような仕事が多いのか?

駐在員の求人案件の探し方

フィリピンで働いてみたいという方の中には、英語力を伸ばしたいという方や、とにかく日本を出て、自分がどれだけ異国の地で頑張れるのかを試したいという方もおられると思います。

しかし、具体的にどのような仕事の求人が多いの方や、日本人の現地採用者に求められていることは何かがまだ把握できていない方もおられるでしょう。

今回は、そのような方に向けて、フィリピンの現地採用求人に多い仕事内容や、求められるスキルについて紹介します。

人手不足な部分を現地採用者で補っている

海外で働きたい女性

20〜30代がメインの営業職

主にマニラ首都圏で求人が多いのが、営業職の仕事です。経済の中心地であるマカティシティには、日系企業や外資系企業が多く集まっています。銀行や商社などが多く、給与も比較的高いのが特徴です。

これらの企業での仕事は、なかなかのハードワークが課せられることもあります。ノルマがあることは少ないですが、営業成績はチーム全体で出さねばなりませんので、コミュニケーション能力が必要になります。

英語力ももちろん必要ですが、現地スタッフと駐在員のどちらに対してもコミュニケーションを積極的に取れる方が望ましいとされています。

ですので、未経験でもやる気や将来性を見込まれて、営業職の仕事をまさかされることが多いのが、マニラ首都圏での仕事です。オフショア開発の進んでいるセブ島では、IT業界がどんどん進出しているので、システムエンジニアなどの仕事が比較的多いです。

将来の幹部候補である生産責任者

一方、営業職やエンジニアではなく幹部候補生として採用される場合は工場長や管理責任者などの仕事が多く見られます。マニラから車で30分ほどのキャビテ・エコノミック・ゾーンと呼ばれる地域では、日系企業が多く入っており、様々なメーカーでモノの生産を行っています。

現地スタッフを統括する管理者として、日本人駐在員を本社から送る場合もあれば、現地採用の枠で、管理責任者など比較的高いポストの仕事を任される場合があります。

できれば理系の方が望ましいとされていますが、重要なのはモノを作っている実際の現地スタッフへの指導力などコミュニケーション能力ですので、責任感の強い方が向いています。
 

そもそもなぜ日本人の現地採用者が必要なのか

海外で働くビジネスマン

現地スタッフと駐在員の橋渡し

現地採用のスタッフを雇うのは、とてもコストがかかります。駐在員に比べれば、大したことはないかもしれませんが、同じ仕事をフィリピン人スタッフで補うのと、日本人で補うのとでは、4倍から5倍のお給料の差が出てきます。

そのくらいの差があっても、日本人の現地採用者を雇うのには理由があります。まず、駐在員はいつか日本に帰ってしまうと言う大前提がありますが、現地採用の人間は、好きなだけその国に留まることができるです。

本人が嫌になったり、止むを得ず帰国せざるをえない場合を除いて、フィリピンに住んで働き続けるという選択肢が取れるのです。

ですから、いつか帰国して新しい駐在員が来ても引き継ぎがうまくいくように、現地採用者を雇っているのです。仕事のやり方や生活の仕方まで、何でも知っているのは長く現地採用として働いてきている人だからです。

「グローカル人材」とは

「グローカル」という言葉は「グローバル」と「ローカル」を合わせた造語ですが、現地採用者にはこのようなスタンスが求められます。

世界的な視野を持ちつつも、現地のやり方、商習慣に詳しくなることが期待されているのです。そういう意味で、グローバルでありつつも、ローカライズされた人間を求める企業が多いのです。

また、現地スタッフと日本本社の架け橋的存在になることも期待されています。日本で使用できない化学品でも、フィリピンでは使うことができたり、その逆もあります。そうした際に、輸入許可を本社から得なければならないことが多々あります。

どうしても言語の壁がありますので、語学が達者な現地採用者が日本語で日本本社にことの流れを説明した方が早いという点もあるからです。グローカルな人材は、日本の商習慣と現地の商習慣、どちらも知っていなければなりません。

さいごに

海外で働く

フィリピンで働いてみたいと思っている方は、まずどのような職種が必要とされているのか、どの地域で働くのが自分にとってベストなのかを考えていただきたいと思います。

もしも営業を希望するなら、マニラ首都圏の方が仕事は多いですし、有名企業や多国籍企業も多くあります。

一方で、ベンチャーを志望するのなら、セブ島の方が多いので、そちらを選ぶという手もあります。住環境なども仕事を選ぶ際の重要なポイントですので、都会暮らしとのんびりした暮らしのどちらが向いているかも、考えてみてはいかがでしょうか。

また、現地にいかに馴染むかがとても重要ですので、積極的にフィリピンの現地スタッフと仲良くなって、仕事の仕方を教わろうという気持ちのある方なら成功するでしょう。

【関連記事】フィリピンで働きたい方はこちらもチェックしてみてください

-現地採用情報

更新日: 投稿日:2018年5月18日

関連記事

目的地

ミャンマーの市場動向&求人について

アジア最後のフロンティア 近隣諸国より廉価な労働力や恵まれた地下資源、インド洋に面し、地政学的に優位なミャンマーは、経済の自由化と構造改革の推進によって急速に有望投資先へと変貌。インフラ整備のため、日 …

イオンモールプノンペン

カンボジアの市場動向&求人について

注目のカンボジア市場 多くの日系企業が進出しているタイとベトナムの間に位置し、なおかつ両国よりも人件費が安いため、「タイプラスワン」「ベトナムプラスワン」として労働集約的企業の進出が進んでいます。 ま …

海外で働きたい女性

海外求人を探す際にチェックしておきたいポイントとは?

就職活動をする際に、あなたはどのようなポイントをチェックしているでしょうか。日本で就職活動をする際、会社のデータは、就職四季報などに載っていますので、様々な情報を一度に見ることができます。 では、海外 …

海外で働く女性

メリットもデメリットも大公開、海外で現地採用として働いてわかったこと

海外で働きたい人の中には、もう既に現地採用という働き方について熱心に研究してらっしゃる方も多いでしょう。現地採用で働く日本人のブログなども増えてきましたので、インターネットを通じて生の声を聞けるのはと …

海外で働く

こんな募集には気をつけよう!海外就職で陥る罠

今では海外就職を目的としたセミナーや、合同説明会のイベントなども行われていますし、インターネットで「海外就職 採用」などと検索すれば、たくさんの求人に出会えます。 しかし、それらの全てが海外で働くこと …