海外就職・転職について 現地採用情報

海外転職って30代でもできるの?キャリアパスを考える時

海外勤務の仕事を探す

海外で働いてみたいけれども、なかなか踏み出せずにいる方の中には、年齢のことを気にしている方もおられるのではないでしょうか?海外で転職する場合は、キャリアを重視したものもあります。しかし、こういった求人は即戦力を求めているので、年齢層も40代あたりになります。
 
未経験でもできる仕事をしたい、業界を変えて仕事をしたいという方は、比較的年齢も若いでしょう。それでも30代となると、日本でずっと働いていれば部下のいる年齢です。
 
では、30代でも海外で転職することは可能なのか、実情を交えて紹介したいと思います。また、その後のキャリアはどのように積んでいくのかも同時に知って頂きたいと思います。

30代でも海外転職はできる!?しやすい職種や業界など

海外勤務の仕事を探す

異業種への挑戦はできるだけ早め?30代は専門性を求められがち

海外で転職しようと思えば、インターネットさえあればいつでも求人を見つけられますし、応募することも可能になりました。海外での求人情報も、どこでも閲覧できますので、門戸は広く開かれています。

海外就職・転職を目指す人におすすめの転職サイト

特に日系企業が現地採用枠の日本人を募集している時は、圧倒的な人手不足で、前任の人が急にやめてしまって困っているなどのケースが多いです。営業職などではとにかく雑務でもいいので、できることをやってほしいという場合が多く、未経験でも可能な求人が多く見られます。

【海外転職】未経験応募可の海外求人を探す


 
しかし、30代も後半となると、あまりに簡単すぎる業務をその人にあてがってもいいものか悩まれることもありますし、駐在員の年齢も若くなってきているので、立場的な問題もあります。
 
できることなら30代の前半までに、何かに特化していると良いでしょう。営業力などがある場合はかなり重宝されますので、年齢は関係なくなります。

海外では転職回数は気にしない?日系企業か外資系企業か

いくら海外で働くと言っても、日系企業は日系のビジネスをします。社内で誰かを呼ぶとき、相手が現地人でもお互いに「〜さん」と呼び合ったりします。部長や課長などの肩書きで呼ばれることはほとんどなく、社長のことも「〜さん」と呼びます。

こうした現地に沿った習慣がある一方で、やはり日系企業は転職歴があまりに多い人には良いイメージを持たないことがあります。
 
欧米資本の企業では、一貫した業界を渡り歩いている場合は「キャリアアップ」とみなしてくれることが多いようです。
 
もちろん日系企業でも、古い観念を捨てて転職を良いイメージで見てくれる会社もありますので、過去の職歴をうまくアピールしなくてはなりません。

転職後のキャリアパスはどうなるの?将来的な目標設計

海外で働く

身につけたスキルを活かした転職をすべし

例えば海外で営業職として転職したのちに、事務職などあまり関連性のない職種に就くと、「もったいない」と見られます。経理なら経理、法務なら法務といた、分野ごとの活躍を期待されます。30代になると、未経験からスタートするよりも、ある程度素地のあることを極めていった方が良いでしょう。
 
もし今興味がある業界があるならば、その業界のトップを目指すのも良いです。営業職であれば、その営業力を活かして独立をすることもできます。

5年後や10年後に、自分がどんな形で働いているのか具体的にイメージし、資格を取ったりするよりも経験を多く積みましょう。そうして海外で得たスキルは、帰国したのちも役立ちます。

帰国を考えるなら30代前半までに転職すべき?

多くの日本人現地採用者が悩むのが、いつ帰国するべきかという問題です。中にはずっと働き続け、独身の方もおられますし、現地採用の日本人同士、または現地の方と結婚して働きつづける方もおられます。
 
仕事だけならば、自分一人の問題ですが、結婚となると子供の学校や帰国費用のこと、親の介護など様々な問題が出てきます。
 
もちろん仕事が好きで生涯独身を貫く方もおられますし、精力的に仕事や趣味に打ち込む姿は格好良いものです。
 
しかし、多くの日本人現地採用者は、その後日本で就職をするならは35歳あたりが目処だと思って帰国してしまいます。これは日本の転職市場がまだ未成熟だという理由もありますが、日本に帰国してどこかに雇われることを考えると30代までにしておく方が良いでしょう。
 
もちろん独立などを考えている方は年齢など関係ありませんので、人脈を築くことに専念してください。

さいごに

海外で働くビジネスマン

海外で働きたいけれども、具体的に何歳ごろまでなら大丈夫なのだろうかという不安がある方は、今その悩んでいる時間を有効的に使い、転職活動をする方が良いでしょう。
 
タイムリミットがあるわけではありませんが、年齢よりもブランクがある方が、やはり転職には不利になります。焦らなくとも良いですが、行きたい業界や職種が決まっているのならば、30代だから無理かもしれないと諦めるよりも、面接にこぎつけるよう、履歴書や経歴書を充実させましょう。
 
この人となら仕事をしたいと思ってくれれば、年齢は関係ありません。今までにやってきた仕事で、アピールできるものはどんどん使っていくべきですし、転職後に得たスキルで、さらに給料のいい会社に転職し直すのも、独立するのも夢ではありません。

海外就職を考えている方はこちらもチェックしてみてください。

海外転職を考えている方は転職セミナー・相談会に参加する手も

-海外就職・転職について, 現地採用情報

更新日: 投稿日:2016年11月14日

関連記事

海外で働く女性

女性にも海外で働くチャンスあり

海外志向の方、留学帰りの方など、海外で働きたい女性も年々増えています。なかには、後々は海外で起業したい。そんなパワフルな女性も。 海外に拠点を構える企業は、少数精鋭で、実力主義です。キャリアや経験があ …

駐在員の求人案件の探し方

【海外転職】未経験応募可の海外求人を探す

海外勤務・海外駐在の場合、専門分野での知識、経験、語学力などハイスペックな人材が求められる傾向がありますが、そんな中にも未経験OKの求人もあります。 未経験といっても、海外勤務未経験の場合、職種未経験 …

グローバル社会イメージ―パスポートと旅客機

中国などアジアの国々で増えている仕事の機会

このページの目次1 アジアには多くのチャンスが2 中国には多くの企業が進出3 日本の国内マーケットは飽和状態4 アジアで増える仕事の機会 アジアには多くのチャンスが 中国と筆頭に今後も高い成長が見込ま …

駐在員の求人案件の探し方

エンジニア(技術職)にも海外転職のチャンスあり

生産拠点が人件費の高い日本から中国、タイなどのアジアにシフトするなか、現地の工場など海外生産拠点に必要となってくるのがエンジニア職の人材です。 エンジニアの人材は、理系出身者が多く、英語が得意でない方 …

ビジネスウーマン

海外就職・転職を目指す人におすすめの転職サイト

この記事を見ている方は、海外で働きたいと考えている方、海外転職も視野に考えている方かと思います。 ただ、海外勤務の求人を探すとなると、日本国内の求人と違って、求人数がどうしても限られてくるので、ちょっ …