海外での生活

海外転職でワークライフバランスは向上する?

ビジネスウーマン

もう日本の会社員生活でクタクタになってしまい、いつかは海外でのんびり働いてみたい人や、若いうちに海外でバリバリ働いてビジネススキルや語学力をアップさせたい人などもおられるでしょう。

海外転職をすれば、仕事だけでなく私生活も充実させられるのか、日本よりワークライフバランスは向上するのかを検討してみたいと思います。



ワークライフバランスを向上させるためにはどんな会社が良い?

海外で働くビジネスマン

日系企業は駐在員の上司によっては日本と変わりない

ワークライフバランスとは、仕事とプライペートの生活をうまく調和させ、仕事にやりがいを持って取り組めるようにすることを言います。ここ数年で日本にも浸透してきた概念ですが、日本ではまだまだ深夜まで及ぶ残業や、休日出勤なども見受けられます。

では、海外の日系企業に転職した場合はどうなのでしょうか。これはあくまで参考ですが、もし直属の上司が日本式のビジネスを頑なに通す駐在員の場合は、日本で働くよりも大変です。ワークライフバランスの向上どころではありません。

現地採用者を雑用係のように暑かったり、休日のゴルフに付き合わせたりするような会社に入ってしまうと大変です。基本的に現地採用者は残業代もつかないので、上司よりも早く帰りづらく、また現地スタッフの嫌われ役にされてしまうからです。

もし上司が「せっかく海外に来たんだし郷に入っては郷に従うべきだな」と言う考えの人なら、日系企業でも定時上がりを推進されますし、別に休日に呼び出されることもありません。

入社する前にはなかなか自分の上司の本性は見抜けませんが、現地スタッフのことを特に悪く言うような方には注意です。

完全現地の会社なら比較的ワークライフバランスは上がる

一方で、現地にある現地の会社なら比較的ワークライフバランスは向上します。よく日系企業に勤めている現地採用者が「自分も外資系に入りたい」「現地の会社にすればよかったな」などと言います。

それはなぜなのでしょうか。基本的に、海外では残業するというのは珍しく、定時で仕事を終えられる人が有能と思われています。ですので、無理に残業して「頑張っている風を見せる」というのは意味がない行為で、時に能力が足りてないから残業なんてしなければいけない人と思われてしまうのです。

フィリピンの会社では、午後3時くらいに「ミリエンダ」というおやつタイムがあったりします。なんと長い時で30分以上も持ち場を離れてオフィスの一角にあるキャンティーンでお茶やコーヒーを飲んだりお菓子を食べて雑談します。ですが、こう言った雑談も仕事の良い息抜きになるので、結果としては生産性は上がるでしょう。

なぜ海外はワークライフバランスが向上させられるのか

海外で働く

家族との時間を大切にする文化が大きい

海外の人は定時で仕事を切り上げてさっさと帰ることがほとんどだと書きましたが、なぜなのでしょうか。単に早く帰りたいからではなく、多くの国では家族をとても大切にします。特に中華圏や、ベトナムなどは非常に家族を大切にする文化です。

ベトナムが一番渋滞する時間は午後5時半から6時で、定時退社した人がバイクに乗って家族の勤務先へ迎えに行ったり、一旦家に戻って家族を連れて夜の街に繰り出します。帰宅ラッシュかつ、夜ご飯を食べに行くための大移動です。夜ご飯をオフィスで一人食べて終わらせるなど、とても寂しく考えられたものではありません。

どうしてそこまでして、仕事などに人生を捧げなければならないのだという人が大半です。仕事あってこその家族ではなく、家族がいるから頑張って働き、オフの時間は友人や家族と親密に過ごすという考えから、彼らは定時で退社することを当たり前にしているのです。

ワークライフバランスを向上させるためには努力も必要!

確かに会社の風土や雰囲気などで、自分のワークライフバランスが向上するかどうかに影響はありますが、自分自身の努力も必要です。

確かになれない国での仕事には手間取りますので、最初の3ヶ月ほどは日本にいた頃と同じように残業をするかもしれません。

ですが、海外に来たばかりの人が残業をいくらしても、慣れていないため大して成果はないので、「今日はこの任され資料を丁寧に作り上げることにしよう」など目標を持って取り組むことも必要です。

また、休日にやることがない、暇だとぼやく現地採用者も多いですが、日本のようになんでも手に入る環境からあえて飛びだしてきたのなら、その不自由さを楽しむくらいでないといけません。

休日はダラダラ過ごすのではなく、現地語のスクールに通ってみたり、現地のスポーツをやってみるのも良いでしょう。仕事仲間と仲良くなって、夕飯に誘ってみて将来のことを語り明かすのも良いかもしれません。

結局、オフの時間を有効に使うためには自分の努力も必要なのです。

さいごに

海外で働きたい女性

せっかく海外で転職するなら、日本でやらせてもらえないような仕事をしながら、オンオフの切り替えをはっきりさせて、夕飯はしっかり美味しいものを食べたり、オフの日は新しい趣味を作って帰国後に皆に自慢できるくらいの充実したものにさせましょう。

周りの環境だけでなく、自分自身の工夫でいくらでもワークライフバランスは向上させられます。

-海外での生活

更新日: 投稿日:2017年5月22日

関連記事

海外で働きたい女性

現地の日本人コミュニティについて

海外で働くことになったけど、現地にはひとりも知り合い・友達も居ないし、ちょっと寂しいな、心細いなという方もいるのではないでしょうか。 そんな際、現地には、日本人コミュニティが結構あるので、自分の興味が …

海外で働く方法

海外で日本の新聞を購読する

海外赴任先でも毎日、日本の新聞を読みたいという方もいるのではないでしょうか。 ここでは、日本および海外の最新ニュース、ビジネス情報をチェックしたいという方の向けに、海外で読める日本の新聞についてまとめ …

海外赴任の準備

衣食住はどうなるの!?海外就職で気になる私生活

海外で就職するのが初めての方にとっては、もしかすると海外生活そのものが初めてという方もおられるでしょう。短期の語学留学などで、学校の運営する施設や寮に住んだり、ホームステイをしたことがある方もおられる …

海外勤務の仕事を探す

海外赴任中における日本の健康保険の利用について

海外での医療費も健康保険でカバーされる 海外でかかった医療費は,一旦全額負担した(支払った)後,加入している健康保険組合等に請求手続をすると,健康保険組合等が負担する分の医療費が戻ってきます。  請求 …

海外で働きたい女性

現地採用者として幸せに暮らす3つのコツ

海外就職を希望する人の中には、夢の様な海外生活を想像される方もおられるかもしれませんが、実際は言語の壁や文化の違いなどから、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。 日本の中では、周りの人々と比べて …