海外就職・転職について

中国などアジアの国々で増えている仕事の機会

グローバル社会イメージ―パスポートと旅客機

アジアには多くのチャンスが

中国と筆頭に今後も高い成長が見込まれるアジア。21世紀はアジアの時代という人も。アジアには、多くの人口を抱える国が多くあります。

13億人以上の人口を誇る中国、インドも12億人以上います。そして、ちょっと離れて、インドネシアの約2億4千人、ちなみにインドネシアの人口は世界第4位です。その他、フィリピン、ベトナムあたりも世界的に見れば人口が多い国に位置します。

これらの国々では、中間層が育ってきており、有望なマーケットとして注目されています。

今は、製造業など生産拠点(工場)の進出が主ですが、今後の成長を見越して、販売拠点(営業所)を置く動きも増えてくるでしょう。

中国には多くの企業が進出

日中関係がぎくしゃくしているところもありますが、経済面で見ると日本の貿易相手国一位が中国。今後もこのような流れになってくるでしょう。

そこには、モノとお金だけでなく人も動きます。その動きは既にあり、多くの日系企業が中国に進出しています。その数は、23,094社(2012年末現在、出所:2013中国貿易外経統計年鑑)にもなります。

中国には、製造業などの生産拠点(工場)とともに販売拠点も進出しています。多様な業種が進出し、そこには、海外、中国で働く人の職種、ポジションが多く生まれています。

日本の国内マーケットは飽和状態

日本のマーケットはもう既にほぼ飽和状態でしょう。一家に数台のテレビに複数の車といった具合で、各家庭に必要なモノはほぼ揃っています。

さらに、人口とりわけ労働人口が減少する流れとなっていて、これから経済のパイが縮小することが考えられます。このような状況下、国内市場だけを見ていては、なかなか明るい将来は描けないでしょう。

そこで考えられるのが、アジアを中心とした成長市場への進出になります。

アジアで増える仕事の機会

「海外での需要の増加」「国内市場での需要の減少」といった状況下で、海外進出する日系企業の流れは止まらないでしょう。

これは海外で働きたい人にとってチャンスです。日系企業の駐在員ポジションとして、または、現地採用として海外で働く日本人が今後さらに増えてくるでしょう。

閉塞感のある日本を抜け出して、ビジネスチャンスの多い、成長過程のアジアで仕事をするのも、選択肢のひとつとして考えるのもいいでしょう。

-海外就職・転職について

更新日: 投稿日:2015年3月18日

関連記事

海外で働く女性

女性にも海外で働くチャンスあり

海外志向の方、留学帰りの方など、海外で働きたい女性も年々増えています。なかには、後々は海外で起業したい。そんなパワフルな女性も。 海外に拠点を構える企業は、少数精鋭で、実力主義です。キャリアや経験があ …

駐在員の求人案件の探し方

【海外転職】未経験応募可の海外求人を探す

海外勤務・海外駐在の場合、専門分野での知識、経験、語学力などハイスペックな人材が求められる傾向がありますが、そんな中にも未経験OKの求人もあります。 未経験といっても、海外勤務未経験の場合、職種未経験 …

駐在員の求人案件の探し方

エンジニア(技術職)にも海外転職のチャンスあり

生産拠点が人件費の高い日本から中国、タイなどのアジアにシフトするなか、現地の工場など海外生産拠点に必要となってくるのがエンジニア職の人材です。 エンジニアの人材は、理系出身者が多く、英語が得意でない方 …

ビジネスウーマン

海外就職・転職を目指す人におすすめの転職サイト

この記事を見ている方は、海外で働きたいと考えている方、海外転職も視野に考えている方かと思います。 ただ、海外勤務の求人を探すとなると、日本国内の求人と違って、求人数がどうしても限られてくるので、ちょっ …

駐在員の求人案件の探し方

IT関連の仕事にも海外で働くチャンスあり

日系企業の海外進出に伴い、必要となるのが現地法人のIT化です。海外に進出しているIT以外の業種では、ITにそれほど明るくないことが多いです。そんな日系企業を顧客に持つIT関連会社が、日系企業が多く進出 …