海外駐在の求人・転職情報

中国・上海駐在員の求人動向&転職エージェント情報

海外勤務の仕事を探す

アジアの大都市「上海」。中国国内で最も進んでいる都市で、中産階級の人口も増加。世界の工場としてだけではなく、マーケットとしても年々重要度が増しています。

中国国内、とりわけ上海は、昔の日本同様の活気に満ち、経済成長の最中と行った感じです。そして、引き続き成長が見込まれる、この大きなマーケットをターゲットに、日系企業に限らず世界各国の企業が進出していまます。

働くならビジネスチャンスの多いところでと考えている方にはピッタリではないでしょうか。

中国・上海勤務の求人について

以前は、製造業・メーカーがその大半を占めていましたが、国内市場の成熟に伴い、様々な日系企業が進出。現在は求人についても多様化しています。

求人としては、製造業・メーカーのほか、貿易商社、物流、サービス、IT、コンサルティング会社などから募集がかかっています。

主な職種は、営業(製造業、販社、貿易、サービス業、ITなど)、専門職(財務・会計・人事・総務など)、現地立ち上げスタッフ、技術職(エンジニア、プロジェクト管理など)、工場管理(生産管理・品質管理などを含む)、管理職(総経理・副総経理)など。

また、現地の日系企業、上海在住日本人をターゲットとした関連ビジネスがあり、このような場面で日本人人材が求められます。ITではオフショア開発拠点などといった需要があり、プロジェクトマネージャなどの人材需要があります。

あと、ユニクロなどアパレル業界では、上海近郊など中国に生産拠点を持っているので、これら工場の管理職などの求人があったりもします。

中国・上海駐在員の求人を探すには

海外で働くビジネスマン

問題は中国・上海の求人をどうやって探すかですね。転職サイトで求人検索しても、中国・上海の駐在案件はなかなかなかったりします。

あと、コネクションがあれば簡単に解決するかもしれませんが、普通そんないいコネクションなど持ち合わせていません。

そんなときは、転職エージェントを活用してみるといいでしょう。転職エージェントなら、一般にはオープンになっていない非公開求人も多く持っているので、自力では見つけることができなかった中国・上海の求人も紹介してくれます。

また、求人の紹介以外にも、履歴書の添削や面接対策など、転職活動全般をサポートしてくれるので、心強い味方となってくれますよ。

中国・上海駐在の求人案件を扱っている転職エージェント

下記の大手転職エージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので、あなたの条件に合った案件を色々と紹介してもらえますよ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント グローバル

リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントなので、求人数が多く、海外駐在の求人も多数保有しています。

転職成功実績No.1。リクルートエージェントだけで扱っている案件もあったりするので、中国(上海)駐在など海外駐在で考えている方は、いろいろ求人を紹介してもらうといいでしょう。

JAC Recruitment

JAC Recruitment

海外転職、海外事業関連の転職に強いエージェントです。JAC Recruitment Groupはアジアで最大級のネットワークを持つ人材紹介会社のひとつで、中国など世界10カ国に拠点を持っています。

海外ネットワークを活かしたグローバルな転職サポートが特徴で、海外進出企業の駐在案件から海外法人の現地採用まで扱っています。

英文レジュメの無料添削や英語面接対策、中国語力のレベルチェックなどのサービスもあります。中国(上海)駐在など海外転職を考えている方は要チェックです。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)海外勤務求人

管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトで、人気の求人やおすすめの求人を会員だけに公開。職務経歴書を登録しておくと、採用企業・ヘッドハンター双方からスカウトを受けることができます。会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも。

さいごに

以前と比べると経済成長のスピードが落ちてきたといわえる中国ですが、それでも中国のGDP成長率は年率6〜7%で推移しています。一方、日本のGDP成長率は、大体1%台といったところ。

中国、なかでも随一の発展を遂げている大都市上海には、新しい高層ビル、商業施設の建設が急ピッチで進んでいます。実体経済を見ても、まだまだ伸びしろがあり、成長過程のなかにあります。

こういった背景から、中国・上海には、多くのビジネスチャンスが広がっています。海外駐在を目指す方にとっても、ここ上海には、他の国や都市以上にチャンスがあります。海外で働きたいと考えている方は、中国・上海を候補のひとつにするのもいいかもしれませんね。

(参考)中国・上海市場について

安い労働力による世界の工場であった時代から、中国は急速な経済発展を遂げ、すでに近年では世界最大規模の消費市場になっています。このような中国の経済構造の変化とともに、上海に進出してくる日系企業も変わってきており、近年では、中国での製品・サービスの販売・提供に関する企業が多くなっています。

また、中国の自動車市場の拡大、安全・安心な食品や高品質な商品へのニーズ、環境に関する意識の高まり、消費地の近くで生産するメリットなどを考慮すると、様々な規制がある業種以外では、日系企業の中国・上海進出の流れは継続されるでしょう。

国別日系企業(拠点)数を見てみると、中国は3万2667拠点にも登り、海外進出の約48%が中国という状況です。これに伴い、上海在住の日本人は、在留届ベースで約4万7700人、在留届を出していない人も含めると約10万人と言われています。

今や日本企業にとって、中国市場を考えないビジネスは成り立たなくなっていると言っては言い過ぎかもしれませんが、それぐらい重要視される市場となっています。

日系企業進出状況

在上海の日系企業の総数は約9000社といわれ(休眠企業を含む)、業種は多岐にわたり企業規模も大企業から中小、小規模企業に至るまで様々であり、上海は中国における日系企業の一大集積地となっています。

進出企業:三菱商事、住友商事、丸紅、双日、東レ、三井化学、コマツ、IHI、日立、スズキ、マツダ、ローム、日東電工、ヤクルト、王子製紙など

-海外駐在の求人・転職情報

更新日: 投稿日:2015年3月17日

関連記事

海外勤務の仕事を探す

タイ(バンコク)駐在の求人募集&転職エージェント情報

東南アジアの大都市であるタイの首都「バンコク」。バンコクおよびその周辺には多くの日系企業があります。中心となるのは製造業。それ以外にも商社、金融、IT、物流、サービス業など様々が業種があります。 毎年 …

海外勤務の仕事について

シンガポール駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレー半島の先端に位置する、アジアの主要都市「シンガポール」。東京23区ぐらいの大きさの小さい国ですが、法人税などの税金が安く、政治的にも安定しているシンガポールには、アジアの重要拠点としてグローバル …

海外で働くビジネスマン

インドネシア(ジャカルタ)駐在員の求人動向&転職エージェント情報

インドネシアの人口は約2億5000万人で世界第4位の人口を擁します。そこには大きなマーケットとして注目が集まっています。それゆえに、世界各国の企業が「工場」としてだけではなく、「マーケット」としても目 …

海外で働く方法

フィリピン駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレーシアに進出している日系企業も多く、その数は約1500社にのぼります。進出企業で多いのが製造業、それに、IT関連の仕事も増えています。また、ファミリーマート、ローソン、ユニクロなど消費市場を狙った …

海外駐在の求人を探す

マレーシア(クアラルンプール)駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレー半島の南部に位置するマレーシア。首都クアラルンプール(KL)は、東南アジア屈指の大都市で、ペトロナスツインタワーなど近代的なビルも建ち並んでいます。一人当たりのGDPでは、ASEANでシンガポー …