海外で働くには

日本人が海外で働くのに必要な3つの能力とは?

グローバル社会イメージ―パスポートと旅客機

以前から海外に興味を持っていて、海外で働いてみたいという方も結構いるかと思います。ここでは、日本人が海外で働く際に必要となってくる能力について見ていきたいと思います。

仕事力

海外で働く場合、当然必要となるのは仕事力。これは、日本にいても同じですよ。なお、海外で働くとなる場合、労働ビザを取得する必要があります。その際、現地人ではまかなえない、この日本人でないとできない、この人が必要という理由が必要になってきます。

採用されるポジションは、専門のスキルを持った人、マネージャークラス以上で仕事ができる人になってくるでしょう。

まずは仕事力のアップ。そして、海外での仕事を手に入れることができるレベルに持っていくことが大事ですね。

英語などの語学力、コミュニケーションスキル

海外で働く場合、必要になってくるのが英語、もしくは現地語でのコミュニケーション能力です。英語(もしくは現地語)を使って、どんな仕事、どんなパフォーマンスが発揮できるかが重要になります。その際、ベースとなる語学力が欠けていると、同僚やお客様先とうまくコミュニケーションをとることが難しくなります。

なので、実際に使える語学力が必要になります。日頃から、英語や現地語に接する機会を作り、語学力を高める努力が必要です。

現地海外での適応能力

あと、現地海外での適応能力も大事になってきます。日本でずっと生活していると見落とすポイントかもしれませんね。

日本は大変便利な国です。必要なもの、サービスは簡単に手に入れることができます。しかし、海外では必ずしもそうとはいきません。海外の水になれることが大事になってきます。

ビジネスシーンで見てみると、国籍が違えば、考え方、仕事へのアプローチが違ってきます。日本の感覚で当たり前のことでも、海外では当たり前ではないことが多々あります。阿吽の呼吸なんてものは、海外では通用しません。

海外で働く場合、現地の国の人、もしくは多国籍のチームで仕事をすることになります。その際、日本流の仕事の方法で貫こうとすると、他の国籍の人との摩擦が出てくるでしょう。他の国籍の人と上手くコミュニケーションを取り、現地に適した仕事のやり方を掴むことが重要です。

また、海外での生活面においても同じことです。海外で生活すると不便に感じることがよくあります。少々のことではへこたれない、タフさも必要になってくるでしょう。

その国の環境や習慣などにうまく適応し、海外での仕事・生活を楽しめる人が、海外で上手くいくコツになるでしょう。

 

-海外で働くには

更新日: 投稿日:2015年3月6日

関連記事

海外で働く

海外で外資系企業に就職するために必要なスキルは?

海外就職を機に、外資系企業で働こうと考えている人は、まずどんなスキルを身につけるべきか知っておきたいところでしょう。すでに語学などの勉強をして準備をしている方も、まだこれからリサーチする予定の方も、海 …

海外で働きたい

海外で働きたい方必見!海外就職・転職を実現させるには

今や、海外で働くことは決して珍しいことではありません。企業の駐在員として派遣される年代も、以前は40代くらいが多かったものですが、近年は20代の若手社員でも、駐在員として派遣されることもあります。 ま …

海外で働きたい女性

海外で働くのに必要な英語力は?

海外で挑戦したい、海外で働きたいと考えているのだけど、自分の英語力でも大丈夫かな?と考えている方も多いかと思います。 海外で働く、生活するとなれば、英語力はできるだけ高い方が絶対にいいですが、海外で働 …