海外就職・転職について

海外就職で後悔してしまう人の特徴

海外で働きたい女性

一度は海外で働いてみたいと思っている方は、皆やりたいことや夢を持っているかと思います。フィリピンなどに英語留学してから転職することで、英語を使いこなせるようになる、物価の差でリッチに生活ができそうなど、仕事もプライベートも理想があるでしょう。

しかし現実は、そう簡単にいくことだけではありません。予想外のことも起きますし、「やっぱり日本がいいな」と感じてしまうこともあります。

今回は、海外就職で後悔してしまう人の特徴と、そうならないためにどんな心構えが必要なのかをお伝えしたいと思います。



夢の海外就職!後悔してしまう人の共通点とは?

海外で働く

とにかく日本の慣習から離れたいと思っている方

海外就職したい方の中には、今の日本社会で働くことに嫌気がさした方もおられると思います。

年功序列の組織、生産性よりも「いかに長い時間労働したか」という残業が美徳とされる概念、根性論や精神論で物事を語るという点は、確かに他国の働き方に比べて、とても効率が悪く意味のないものだと言えます。

ですが、単にこれらから離れたいと思って、海外で仕事をすることを考えるのは、いずれ後悔することにつながります。

まず、海外で働く人の多くは、現地の日系企業に勤めることが多いです。その場合、現地採用という契約ですので、大抵は残業代がつきません。現地人スタッフは残業代がつくのに、日本人でかつ、現地採用の自分には残業代がつかないこともあります。

また、東南アジアや中華圏の方は家族を大切にしますので、仕事をさっさと切り上げて、定時で帰っていきます。

ですが、駐在員や他の現地採用日本人は、日本にいた時と変わらないくらい残業をするのも珍しくありません。それに、いくら頑張っても、駐在員以上のポストにつくことは不可能というのが現実です。

日系企業以外では、完全実力主義ですので、軽い気持ちで入社してしまうと、周りとの語学力や仕事のスキルの違いに唖然としてショックを受けかねません。

日本での働き方が嫌だからというマイナスな意味だけでの海外就職は、後悔に繋がります。

積極的に異文化を楽しめないと損でしかない

海外で就職すると、自分が「外国人」ということを絶対的に意識させられます。現地採用の身分で就職した場合、駐在員の方に合わせてお昼ご飯を食べていると、あっという間に貯金がなくなります。同じ日本人でも、給料の差は歴然ですし、そこには生活にかけるコストも自ずと変わってきます。

そうなると、現地採用の人間は現地スタッフと一緒にお昼を食べたり、業務中もより緊密な関係になるのが普通です。

皆と同じように自炊したご飯を持ってきたり、シンガポールでいうホーカーズのような屋台に繰り出して、なんとか生活するというのが一般的です。

「日本なら同じ金額を払っても、もう少し清潔なのに」「できれば一人でご飯を食べたい」「あまり会社の人と仲良くしたくない」という感覚では、仕事はうまくいきません。

仕事終わりは家族や恋人、友人と過ごすのが当たり前でも、仕事においては会社の仲間は家族のようなものと考えている方が多いので、自ら壁を作り、異文化に馴染めないタイプだと仕事上で困ったことがあっても、助け舟を出してもらえなくなってしまうのです。

後悔しないためには、どうすれば良いのか

海外で働く方法

日本人として日本の良さに誇りを持つ

日本での働き方に対して、ネガティブなイメージを持ったままではなく、良い面は良いと考えましょう。例えば、会議において諸外国では自分の意見を臆することなくズバズバ言います。

日本ではあまり良くないイメージとして、自分の意見を言えない、同調圧力が高いなどと言えますが、逆に良い面として「和を重んじる、人の意見に耳を傾ける」という風に考えられます。皆が自己主張をしてばかりだと、妥協するべきポイントがなかなか見つからなくなるのも事実です。

また、残業は褒められるものではないですが、途中で放棄して期日までに間に合わせないのんびりとした現地人スタッフがいるのに対して、日本人スタッフは、何としても最後まであがきます。責任感の重さを理解する、自分の仕事に誇りを持つという点では、日本人の働き方は手本となるでしょう。

海外に出ることだけを目標にしない!

必ずしも海外に出て働くということが、プラスに働くとは限りませんが、海外就職をして後悔しないためには、「とにかく海外に行く」という漠然とした目的ではなく、海外で就労したとして、自分はそこで何を身につけたいのか、10年後どうなりたいのか、帰国するのかしないのかというライフプランも設計した上で行くべきです。

日本から脱出したいというネガティブな思いより、海外で働くことで得られるものの多さを考えましょう。

さいごに

海外勤務の仕事を探す

海外就職は人生のターニングポイントかもしれませんが、決して就職することだけを目標とせずに、仕事をする中で、自分は何を身につけて強みにできるのか。

また、異文化を通して日本人として誇りに思えるかどうかを考えながら、海外就職を考えましょう。どうせ海外へ出るなら、積極的な意志と、その地で溶け込む勇気を持って挑んでください。

-海外就職・転職について

更新日: 投稿日:2017年5月7日

関連記事

海外で働く女性

女性にも海外で働くチャンスあり

海外志向の方、留学帰りの方など、海外で働きたい女性も年々増えています。なかには、後々は海外で起業したい。そんなパワフルな女性も。 海外に拠点を構える企業は、少数精鋭で、実力主義です。キャリアや経験があ …

駐在員の求人案件の探し方

【海外転職】未経験応募可の海外求人を探す

海外勤務・海外駐在の場合、専門分野での知識、経験、語学力などハイスペックな人材が求められる傾向がありますが、そんな中にも未経験OKの求人もあります。 未経験といっても、海外勤務未経験の場合、職種未経験 …

グローバル社会イメージ―パスポートと旅客機

中国などアジアの国々で増えている仕事の機会

このページの目次1 アジアには多くのチャンスが2 中国には多くの企業が進出3 日本の国内マーケットは飽和状態4 アジアで増える仕事の機会 アジアには多くのチャンスが 中国と筆頭に今後も高い成長が見込ま …

駐在員の求人案件の探し方

エンジニア(技術職)にも海外転職のチャンスあり

生産拠点が人件費の高い日本から中国、タイなどのアジアにシフトするなか、現地の工場など海外生産拠点に必要となってくるのがエンジニア職の人材です。 エンジニアの人材は、理系出身者が多く、英語が得意でない方 …

ビジネスウーマン

海外就職・転職を目指す人におすすめの転職サイト

この記事を見ている方は、海外で働きたいと考えている方、海外転職も視野に考えている方かと思います。 ただ、海外勤務の求人を探すとなると、日本国内の求人と違って、求人数がどうしても限られてくるので、ちょっ …