海外赴任・生活の準備

日本を離れる際の公的機関手続きについて

海外勤務の仕事について

実際に海外就職が決まって、日本を離れるとき、住民税、健康保険、年金などの公的手続きを行う必要が出てきます。



住民票

日本を1年以上離れる場合、海外転出届を出して住民票を抜いておくことができます。住民票を抜いておくことで、住民税や国民年金、国民健康保険を支払う義務が免除されます。申請は、住民票のある市区町村の役所で行います。

住民票を抜く場合のメリット

・海外に居る間、住民税の支払いをしなくて良い
・海外に居る間、国民健康保険の保険料・国民年金の支払いをしなくて良い

住民票を抜く場合のデメリット

・将来、国民年金を受給する際に、満額受給できなくなる
・国民健康保険の被保険者の資格がなくなるので、日本へ一時帰国している間にケガや病気をした場合、保険が適用されない

なお、日本の住民票を残しておきたい場合は、実家などに住民票を移すことができます。

住民税

住民税は、前年度の所得額に基づいて、毎年1月1日に住民票がある市区町村から課税される税金です。したがって、海外転出届を提出し、1月1日現在の住所が日本以外の場所にある場合には、課税対象にはなりません。

年末年始を挟んた出国に際しての住民税の有利・不利について

出国時期を年末から年始の間で考えている場合は、年末までに出国したほうが有利です。

1. 年末に出国した場合
例:平成28年12月31日に出国した場合
→平成29年1月1日には日本に住所がないので平成29年度は住民税を支払わなくてよい。
2. 年明けに出国した場合
例:平成29年1月1日に出国した場合
→平成29年1月1日には日本に住所があるので平成29年度は住民税の支払義務あり。

国民年金

海外転出届を届け出ている場合、国民年金を支払は義務ではなくなり、任意加入になります。ただし、支払っていない分、支給額も減るので注意。また、海外転出届を出しながら、年金を支払い続けることも可能です。なお、住民票を日本においておく場合は、日本を離れている間も国民年金の支払義務が発生します。

国民健康保険

海外転出届を届け出ている場合、自動的に国民健康保険を支払う義務が免除されます。ただし、怪我や病気で日本の病院を利用する際、保険は適応されないので注意。

在留届

海外に3ヶ月以上滞在する場合は、旅券法第16条により、その地を管轄する日本大使館、総領事館に在留届を提出するよう義務づけられています。現地に到着し、住所が決まったら、在留届を提出しましょう。

届け出は、インターネットによる在留届電子届出システム「ORRnet」からも可能です。

国際運転免許証

海外で自動車を運転したい場合は、事前に国際運転免許証を取っておきましょう。申請は、運転免許センターや警察署で受け付けています。

国際免許の注意点

ジュネーブ条約の未締約国(例えば、中国や台湾など)では国際免許は使用できないので注意。赴任先の国で国際免許が使えるか事前に確認しておきましょう。

さいごに

ざっと上記のような公的手続きが必要となってきます。日本出発前はバタバタしがちなものです。計画的にこれら手続きを進めていきましょう。なお、手続きの詳細は、管轄する公的機関でご確認下さい。

-海外赴任・生活の準備

更新日: 投稿日:2015年3月19日

関連記事

駐在員の求人案件の探し方

海外赴任の際、携帯電話はどうする?解約すべき?

海外赴任が決まり、海外での新しい生活に向けて準備しているとき、今、日本で使っている携帯電話をどうするかという問題が出てきます。 無駄に月々の基本使用料を払うのはもったいないですよね。一方で、日本に一時 …

海外で働く女性

海外赴任の際にはマイルが貯まるクレジットカードを持っておこう

海外赴任の際、日本への一時帰国や赴任周辺国への旅行など、飛行機に乗る機会が日本に居るときより多くなります。そこで考えていきたいのが、航空会社のマイレージです。 赴任先がアメリカやヨーロッパなら、日本帰 …

海外赴任の準備

海外赴任の際、日本から持参したい持ち物は?

赴任先の国や都市の発展度にもよりますが、ある程度のモノは、現地でも手に入れることができます。しかし、一部のモノについては、海外ではなかなか買えるところがない、もしくは、海外で買うと日本よりも高額になる …

外貨両替について

外貨両替はどうする?海外赴任の際のお金の持っていき方について

海外で働く、生活をするといった場合、現地通貨へ両替する必要が出てきます。例えば数年間、現地海外で生活する場合、両替する金額も相当な金額になるでしょう。 その際、重要になってくるのが、両替レート、両替手 …

海外赴任の準備

海外赴任に帯同する妻が退職。失業保険を受け取る方法は?

夫の海外赴任により、妻が現在の会社を退職することに。そんな際、妻は雇用保険(失業保険)をもらえるの? 通常の場合だと、失業保険は仕事を辞めてから仕事を探している状態なら、待期期間(3か月)が終わった後 …