海外で働く方法

駐在員として海外で働く

海外で働くビジネスマン

海外で働く日本人は、大きく分けて「駐在員」と「現地採用」のふたつに分かれます。まずは、「駐在員」について見ていきたいと思います。

駐在員とは

駐在員とは、日本企業や外資系企業の日本法人に採用されて、会社命令で海外拠点に赴任している人のことです。任期は、会社によって変わってきますが、大体2年から5年が一般的。

駐在員の役割

駐在員の役割は、日本の本社と現地事務所のつなぎ役で、現地事務所の重要なポジションに就きます。本社の意向を聞いて現地を動かす仕事が基本になります。

駐在員の給料

駐在員は日本採用で、給料も日本から支払われます。また、日本の給料とは別に現地の住居費なども会社持ち。さらに運転手付きであてがわれ、接待費など経費も落とせたりと、日本にいるときより金銭的に余裕がある生活を送れる場合が多いです。

各種手当について

海外勤務者に対しては、基本給のほかに、各種の手当を支給することが一般的です。代表的なものとしては、「海外勤務手当」「ハードシップ手当」「住宅手当」「単身赴任手当」などがあります。

海外給与総額のうち、基本給の占める割合は、通常、その半分以下に過ぎず、各種手当の金額が、海外給与に大きな割合を占めると言っても過言ではありません。

駐在員のメリット・デメリット

メリット

駐在員は給与面でかなり優遇されています。駐在しているところが中国や東南アジアだったりすると物価も安く、それにかつ、日本にいるときよりも支給額が多くなるので、かなり恵まれた生活を送ることができるでしょう。

また、「本社と現地事務所のつなぎ役」である駐在員と、「日本人スタッフと現地人スタッフのつなぎ役」である現地採用では、地位においても大きく異なってきます。駐在員は、会社の経営戦略の1つとしての現地事業という枠で、重要なポジションを担うことができます。

デメリット

駐在員は会社次第。基本的に行く国を自分で選ぶことができません。また、会社が日本に戻れと言ったら戻らなくてはなりません。なので、現地採用より自由度は低くなります。

駐在員として海外で働くには

会社のウェブサイトをみて、海外事業に力を入れている会社をピックアップし、求人を探すことです。会社概要の拠点一覧のページをみて、どの国に事業所を持っているかをチェックしてみましょう。そして、その会社が求人を募集していればアプローチしてみるといいでしょう。

それと同時に転職エージェントも、海外拠点を持っている日本企業の求人を多く抱えているので、登録して求人を紹介してもらうといいでしょう。

海外駐在の求人を扱っている転職エージェント

下記の大手転職エージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので、あなたの条件に合った案件を色々と紹介してもらえますよ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント グローバル

リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントなので、求人数が多く、海外駐在の求人も多数保有しています。まずはここを抑えておくといいでしょう。

なお、求人については、入社後、すぐに現地に赴任する形の案件もあれば、1年程度の国内勤務を経て赴任となる案件もあります。後者に関しては、実務経験が伴っていれば、海外経験はあまり問われないので、ハードルは低めです。

このように、リクルートエージェントなら、求人数が多い分、選択肢も広がるので、おすすめのエージェントです。

JAC Recruitment

JAC Recruitment

外資系や海外求人に強い転職エージェント。JAC Recruitmentは、世界10カ国(イギリス・シンガポール・中国・インド・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・香港・韓国)に拠点があり、グローバルな転職サポートが特徴です。

海外進出企業の駐在案件から海外法人の現地採用まで、アジアを中心に海外求人を扱っています。英文レジュメの無料添削や英語面接対策などのサービスも。

海外駐在の求人について

海外駐在の募集で多いのが、海外営業、マーケティング、財務/経理担当、IT関連などエンジニア職あたりになります。あと、アジアなど海外に生産拠点を構えてる企業も多いので、工場の生産管理・品質管理、工場長などの管理職などの需要も多くなっています。

業種では、製造業、(総合・専門)商社、IT関連、物流、サービス、コンサルティングなどで海外駐在の募集があります。あと、シンガポールや香港などでは、金融関係の仕事もあります。

なお、求められる人材は、ポジションによって異なってきますが、基本、専門分野での実務経験とある程度の英語力が求められます。ただ、なかにはポテンシャル採用のチャンスもあったりするので、詳しくは、転職エージェントに直接聞いてみてください。

-海外で働く方法

更新日: 投稿日:2015年3月9日

関連記事

ビジネスマン

海外で働くならまずは日系企業がオススメ

まだ若いうちに、海外で働いてみたいと思っている方は、どのような企業や業界なら入りやすいのか、悩んでいることと思います。日本とは全く違う文化や言語の中で生きて行くことだけでも大変ですから、職を得て働こう …

ビジネスウーマン

海外現地の日本人・日系企業向けサービスを提供する会社で働く

上海、北京、広州などの中国の大都市、タイ・バンコク、アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスなど、日本人の多い都市には、日本人向けのサービスを提供する会社など、一定規模の日本人マーケットがあります。 現地 …

海外で働く女性

海外で旅行関係(旅行会社、ホテルなど)の仕事に就く

日本人が多く住んでいる国・都市では、日系の旅行会社もいくつかあります。たとえば、大手ではH.I.SやJTBの現地法人から小規模な会社まで、海外進出しています。 現地の日系旅行会社のターゲットとなるのが …

海外赴任の準備

保育士として海外で働く

専門的であり、女性に根強い人気を誇る職業として、保育士が挙げられます。近年では男性保育士も増えており、子どもの教育や発達について多様化が進んでいます。外国人の多い地域では、日本人に混ざって外国籍の子ど …

美容師として海外で働く

美容師として海外で働く

海外で働くと考えたときにまず思いつくのは、海外に拠点を持つ企業での仕事、現地日本人向けなら日本食レストランといったところでしょうか。 美容師、意外に思われる方もいるかもしれませんが、日本人が多く住んで …