海外で働く方法 現地採用情報

保育士として海外で働く

海外赴任の準備

専門的であり、女性に根強い人気を誇る職業として、保育士が挙げられます。近年では男性保育士も増えており、子どもの教育や発達について多様化が進んでいます。外国人の多い地域では、日本人に混ざって外国籍の子どもも増えてきました。

海外で保育士として働くと、より多様な幼児教育を学べることから、オーストラリアなどで保育士のボランティアや就職をする人も増えています。

今回は、保育士として海外で働く方法や、魅力などについて紹介したいと思います。

海外で保育士として働くためにはどうすれば良い?

海外で働きたい女性

どのようなところが保育士の採用をしているのか?

日本の保育園には、2種類あります。1つは公立で、もう1つは私立です。公立の場合は、公務員となりますので、比較的安定した給与をもらえますが、それでも近年は非正規公務員が増えているので、お給料が安くて困っている方も多くおられます。私立でも同じく、正規と非正規の差が大きくなっています。

今の環境を変えたい方や、もっと多種多様な幼児教育を学びたい方は、海外での保育士求人を探すようです。海外の保育士求人には、大きく分けて2種類あります。

1つは日系の保育園です。ここに通ってくる子どもは、主に大使館や民間企業に勤める人の子弟です。家族で海外に来た方で、両親共日本人のケースが多いです。

また、日本から派遣された社員には、子どもの教育費などを一定額会社側が負担しますので、比較的割高な日系の保育園に通わせることができます。

ですので、経営状態は安定しているところが多く、常に誰かしら日本人が来るので、需要もそこそこあります。日本の保育士資格を持っていれば働けるところが大半です。

もう1つはインターナショナル系の保育園(プリスクール)です。インターナショナル系は、英語圏の子ども、親の国籍が違う子ども、現地人の子弟で英語教育を望んでいる親の子どもなど、様々なバックグラウンドを持った子どもが通います。

日本の保育士資格で良い場合もありますが、国や保育園によっては、現地の保育士資格を必要とする場合があります。

求人探しのポイントとは?

求人を探すのは、インターネットで十分可能です。「リクナビネクスト」や「保育情報どっとこむ」といった転職サイトで海外求人が出ていたり、その他「カモメ中国転職+アジア」、「Japanese Global Education Support」などでもあったりします。

英語圏の国も多いですが、近年では台湾や中国、シンガポールなどの中華圏や東南アジアの国も増えています。

チェックポイントとしては、就労ビザのサポートがあるかどうかや、住む家の提供や家賃補助があるかなどはもちろん、どのくらいの語学力が必要とされるのかは絶対にチェックしておきましょう。

特にインターナショナル系の保育園では、一定以上の英語力を求められます。もし英語力に自信がなく、とても英語で保育士を務めるのは難しいと感じられたら、ボランティアやインターンから始めてみるのも良いでしょう。そのまま現地に残って、保育士として就職する方もおられます。

海外で保育士をすることでわかる魅力

ビジネスウーマン

多種多様な子どもたちに出会える

特にインターナショナル系の保育園に勤めると、多種多様なバックグラウンドを持った子どもたちが集まりますので、様々な出会いがあります。

各自家で話している言語が英語だとは限りませんし、見た目だけでなく宗教なども全く違います。そのような子どもたちが集まると、自然と子どもたちは自分と異なった人がこの世界にいることを知るようになります。

インターナショナル系の保育園で必要なのは、互いを尊重し合う精神を養うことです。他人の見た目や国籍が違っても、良いところを見つけていくことや、相手を受け入れることを自然と学びます。

また、共通の英語という言語を介して、彼らは意思疎通をします。まさに世界の縮図であり、子どもの吸収能力の高さに驚かされることでしょう。日系の保育園でも、片親が外国人の子どもや、世界各国を親と共に点々としてきた子どもなどがいます。

彼らは日本で生まれ育った子どもと違って、広い視野を持っています。このような場所で保育士をすると、子どもから与えらえる刺激はとても大きいでしょう。

帰国後はインターナショナル系列でも働ける!

特にオーストラリアやアメリカ、カナダなどの英語圏や、インターナショナル系の保育園に務めた経験のある保育士は、日本に帰国しても英語を生かしてインターナショナル系の保育園で働くことができます。

一度海外で働いて、語学力などを磨いていれば、採用される確率は高くなります。求人数は多くはありませんが、一般的な日本の保育園で働くよりも、お給料は高めですので、バイリンガル教育などに興味がある人は応募してみると良いでしょう。

外国人の多く住む地区などでは割と求人が出ています。また、認可外保育所などでも、比較的高待遇なので、インターナショナル系で働きたい人は英語力をさらに磨きながら転職活動を進めると良いです。

さいごに

海外で働きたい

海外で保育士として働けるということを、まだまだ知らない方もおられるかもしれませんが、日本よりも専門性の高い仕事として幼児教育は認知されている国も多いです。

語学力を身につけながら幼児教育に携わりたい人や、バイリンガル教育、英語教育に興味のある人は、ぜひ海外で保育士として働くことも視野に入れてみてはどうでしょうか。

-海外で働く方法, 現地採用情報

更新日: 投稿日:2017年4月20日

関連記事

目的地

ミャンマーの市場動向&求人について

アジア最後のフロンティア 近隣諸国より廉価な労働力や恵まれた地下資源、インド洋に面し、地政学的に優位なミャンマーは、経済の自由化と構造改革の推進によって急速に有望投資先へと変貌。インフラ整備のため、日 …

イオンモールプノンペン

カンボジアの市場動向&求人について

注目のカンボジア市場 多くの日系企業が進出しているタイとベトナムの間に位置し、なおかつ両国よりも人件費が安いため、「タイプラスワン」「ベトナムプラスワン」として労働集約的企業の進出が進んでいます。 ま …

海外で働きたい女性

海外求人を探す際にチェックしておきたいポイントとは?

就職活動をする際に、あなたはどのようなポイントをチェックしているでしょうか。日本で就職活動をする際、会社のデータは、就職四季報などに載っていますので、様々な情報を一度に見ることができます。 では、海外 …

海外で働く女性

メリットもデメリットも大公開、海外で現地採用として働いてわかったこと

海外で働きたい人の中には、もう既に現地採用という働き方について熱心に研究してらっしゃる方も多いでしょう。現地採用で働く日本人のブログなども増えてきましたので、インターネットを通じて生の声を聞けるのはと …

海外で働く

こんな募集には気をつけよう!海外就職で陥る罠

今では海外就職を目的としたセミナーや、合同説明会のイベントなども行われていますし、インターネットで「海外就職 採用」などと検索すれば、たくさんの求人に出会えます。 しかし、それらの全てが海外で働くこと …