海外駐在の求人・転職情報

ビズリーチ(BIZREACH)でハイクラスな海外求人を探す

海外勤務の仕事を探す

ビズリーチ(BIZREACH)とは、数ある転職エージェントの中でも、特にエグゼクティブ向けのエージェントです。企業も有名な一流企業や外資系企業が多く、給料も良いので、高収入な方向けの転職エージェントです。

【公式サイト】ビズリーチ(BIZREACH)

今回はこのビズリーチを用いて、海外転職を目指している方へ求人の探し方などの情報をお伝えしたいと思います。

ビズリーチなら海外案件だけで900件近くある

海外で働く

現地法人責任者としての転職もある

現地法人とは、日本の本社の子会社として海外で法人登録をしている企業のことです。通常社名の後に、国名を入れたりして通称として社内で呼ばれることが多くあります。

現地法人で働く日本人は、大きく分けて2種類です。本社から採用されて、現地法人へ出向する駐在員と、現地法人で直接雇用される現地採用者です。

現地法人の責任者は、原則的に駐在員が務めますので、日本でのポストより2階級特進と言われています。つまり、今までのポストよりもかなりハイクラスな仕事を任されるのです。

近年は住宅事情や親の介護事情なので、今まで駐在員として選ばれてきた40代あたりの人が海外へ行きたがらない一方で、若手社員を幹部候補として駐在員待遇で派遣することもあります。

また、外部から募るために、ビズリーチにて「現地法人責任者」などの管理職として採用することがあります。

つまり、まずは日本で雇用契約を結び、日本で数ヶ月のインターンを経てから現地へ赴き、主任などのポストに就いて働きます。

雇用契約を日本で結んでおきたい方、駐在員を目指している方はチェックしてみるといいでしょう。

第二新卒可能の会社もある

ビズリーチは転職エージェントなので、職務経験がないと使えないのではないかという方もおられるでしょうが、実際は第二新卒可能な企業もあります。

もちろん給料は350万円から500万円あたりと、ビズリーチで募集をかけている企業の中では低いほうですが、それでも他社のサービスと比べれば平均的な給料は上です。

そういった企業は、一体何を求めているのでしょうか。即戦力が欲しい企業は、厳しい審査のあるビズリーチに広告を出しますが、そのビズリーチの審査を通過した優秀な学生を幹部候補として迎え入れたいのです。

将来の管理職とするべく、独自のプログラムを社内で組んで、研修を終えた後に責任者としてのポストに就かせたいという意向があります。

海外でリーダーシップを発揮したいという若手の方にも門戸が開かれているので、海外で働きたいと考えている20代の方も、チェックしてみるといいでしょう。

ビズリーチ登録までにやっておくこと

ビジネスウーマン

職務経歴書を充実させる

ビズリーチに限った話ではありませんが、まず転職サービスを使う際には、過去の職務経歴を入力する必要があります。

  • 前職で何を担当したか
  • 前職でのやりがいや難しかったことは何か
  • ピンチに陥った際はどうやって切り抜けたか
  • どうして転職しようと思っているのか
  • なぜ海外で転職したいのか

上記を箇条書きで良いので、まずは書き出してください。箇条書きの方が、応募先の企業にも読みやすいと思います。

注意する点は、ビズリーチでは大体3日間くらいかけて審査されるということです。内容に虚偽があってはいけませんが、転職サービスを使っている企業や、ビズリーチのエージェントが見て「欲しい」と思ってもらわなければなりません。

ですので、何をしてきたかだけでなく、何を身につけたかも絶対に書いておきましょう。具体的に月に何件の成約を獲得したなど、数字で表すのが効果的です。

自分のスキルは何かを考える

ビズリーチでは、今までの年収が350万程度の方から750万円以上というターゲット層の厚みがありますが、まずどこに応募するにしても共通なことは「自分にはアピールできるスキルがある」と胸を張って応募できなければいけないという点です。

例えば第二新卒可能で、海外での営業担当の仕事がありますが、ここで求められているのは「体力」と「チャレンジ精神」です。

海外で働くということは、この島国である日本を飛び出すわけですので、もちろん日本にいる時に比べて、圧倒的に海外出張が増えます。取引先も多国籍に渡りますので、英語力はもちろん必要ですが、それ以上に求められるのが若い方が持っている体力やチャレンジ精神なのです。

まだ20代で、第二新卒と呼ばれる方は技術的な意味では未熟かもしれませんが、若さゆえの好奇心旺盛さなどもあるでしょう。

また、30代になってからですと、ある程度の部下を持つことも増えますので、自分から率先して行動を起こすでしょう。そうした統率力もアピールとしての武器になります。

資格など目に見える成果だけでなく、自分が培ってきたものをスキルとしてアピールできるように、今までの学生時代や社会人生活で得たものを、箇条書きにしましょう。

さいごに

海外勤務の仕事を探す

ビズリーチは、ハイクラス層を中心とした転職サービスを展開しています。その分、真剣にキャリアを積みたい方は、厳選された企業へ応募できるので、信頼の置ける企業にめぐり合えると言えます。

また、給料も良い分、海外拠点での幹部候補生としての経験が積めますので、どこでもいいから海外で働きたいというのではなく、将来は海外で部下を統率できるリーダーシップを身につけないなどという考えの方には向いています。

海外で部下を持つということは、言葉や文化の壁を超えることですので、はじめは慣れないかもしれません。しかし、せっかく海外で働くなら、語学力を向上させるなど、日本ではできない経験が待っています。海外で語学力や統率力を磨きたい方は、まずはビズリーチに登録して、海外への扉を開いてみてはいかがでしょうか。

-海外駐在の求人・転職情報

更新日: 投稿日:2016年10月14日

関連記事

海外勤務の仕事を探す

タイ(バンコク)駐在の求人募集&転職エージェント情報

東南アジアの大都市であるタイの首都「バンコク」。バンコクおよびその周辺には多くの日系企業があります。中心となるのは製造業。それ以外にも商社、金融、IT、物流、サービス業など様々が業種があります。 毎年 …

海外勤務の仕事について

シンガポール駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレー半島の先端に位置する、アジアの主要都市「シンガポール」。東京23区ぐらいの大きさの小さい国ですが、法人税などの税金が安く、政治的にも安定しているシンガポールには、アジアの重要拠点としてグローバル …

海外で働くビジネスマン

インドネシア(ジャカルタ)駐在員の求人動向&転職エージェント情報

インドネシアの人口は約2億5000万人で世界第4位の人口を擁します。そこには大きなマーケットとして注目が集まっています。それゆえに、世界各国の企業が「工場」としてだけではなく、「マーケット」としても目 …

海外で働く方法

フィリピン駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレーシアに進出している日系企業も多く、その数は約1500社にのぼります。進出企業で多いのが製造業、それに、IT関連の仕事も増えています。また、ファミリーマート、ローソン、ユニクロなど消費市場を狙った …

海外駐在の求人を探す

マレーシア(クアラルンプール)駐在員の求人動向&転職エージェント情報

マレー半島の南部に位置するマレーシア。首都クアラルンプール(KL)は、東南アジア屈指の大都市で、ペトロナスツインタワーなど近代的なビルも建ち並んでいます。一人当たりのGDPでは、ASEANでシンガポー …